占いというと、四柱推命やタロットなどがあると思いますが、私これで当たったことが非常に少ない。

もちろん、

ながい人の歴史の中でずっと続いてきたものだから、

当たることも多いと思うけれど、

私の場合、かなり外れています。

例えば、

私はある占いで、

とても繊細で几帳面で真面目で〜となるんだけど、

どうしても実情はそうならない。

※ ぱっと見真面目できちんとしていると思われることもあるけど、それは表面上の話。

私の本性がそうでないことは、

家族がよくわかっていて、

その手の話(私が繊細で几帳面)をすると、

一笑にふされます。

几帳面とは
いえないわよ

占いというと、

今は少ないと思うけれど、

名付けも占い(四柱推命などなど)でする人も

昔は多かった。

ちなみに、

私の兄弟姉妹は、

みな父親が神社でいただいてきた名前です。

だからでしょうか、

全員どこか、おかたい感じです。

おかげで、姓名判断の占いコーナーでみると

みごとに良い字画。

神主さんありがとうございます。

今ひとつ、そのおかげを感じてこずに、

ここまで生きてきましたが、

いや、ここまで無事に生きてこれたのが 

占いのご利益かもしれませんね。

今までに、

たった1つだけ、

当たってると思った占いがあります。

それは、

動物占い

生年月日から

自分がどの動物にあたるのかを調べ

その動物の性格や行動パターンを知る

という占いです。

一昔前に流行ったので

かすかに覚えている人もいるんじゃないでしょうか。

これが、

どういうわけだか私にドンピシャ!

当たってる。

歴史ある四柱推命や星占いより、

パッと出の動物占いのほうがあたるなんて

たいへん不思議ですが、

結構あたってたんですよ。

あらら

私は

動物占いでは

社交性のない 狼(おおかみ)

狼なんだってさ。。
もっと可愛いのがよかったよ。

狼の性格はというと

自分の居場所や時間にこだわりがある。

人からは変わり者・個性的とみられることもおおい。

自分の居場所やひとりの時間が必要ということで、

車の運転などが好き。

人から命令されることは嫌い。

(たいていの人がきらいだとおもいますが)。

高圧的な人も嫌いです。

思ったことしか口にしない。

思ったことしか口にしない、

は、小さい頃こそそうだったかもしれませんが、

今は人様におもねることばかり言っていて、

思ったことをズバズバ言う

なんてことは絶対ないので違いますね。

しかし、

ちょっと驚いたのが

家族を調べると

夫も 狼(社交性ない)。。

娘1も 狼(社交性のある)。

娘2も 狼(社交性のある)。

娘たちは双子なので生年月日的に

両方おなじ動物なのは当たり前ですが、

家族すべて狼というのは、

いかにこの家族にまとまりがないかわかります(笑)。

みなマイペースなタイプばかり。

これしかいないのも
なんだかね

夫は、

え?僕はペガサスじゃないの?

僕はさ、

狼じゃなくペガサス(自由人)だと思うけどな〜、

おかしいな〜、

と不満タラタラでした。

※ う〜ん、確かに気まぐれなところはある。。なので、あえて言えば気まぐれな狼でしょう。

ま、占いですからね。

あたるも八卦あたらぬも八卦です。

あなたのこだわりの占いはなんでしょうか?

今日も読んでいただきありがとうございます。