旅行・エンタメ・帰国家族・ミーハーアラフィフ

ユーメイドリーム 五月晴れの日には

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

今日で、超大型連休のゴールデンウィークも終わりですね。今日1日楽しく過ごしたい、のんびりしたいと思います(^^)

さて、きょうの投稿は、懐かしい曲。

日本のロックバンド、シーナ&ロケッツの「ユーメイドリーム」

この曲は、結構古くて、

1979年にリリースされたアルバム『真空パック』からのシングル。

青春
若者

シーナは、かっこいいねえさんでした

洋楽だとだれだろう、たとえば、クリッシー=ハインドとか?

いやちょっと違うみたい

シーナみたいにかっこいいねえさんは、不滅なんだと思っていたので

2015年の2月に亡くなった時は、ただただおどろくばかり。

こんな気持ちのいい五月の日には、シーナ&ロケッツのこの曲がなぜか聞きたくなります。

この曲、朝ドラの『半分、青い』でも使われたので、

制作のどなたかか多分脚本の方の

チョイスだったんでしょうね。

主人公のすずめちゃんが、漫画家をあきらめ、

軽トラの荷台でともだちと歌っていたのが、

若さの象徴のような気がして、ナイス選曲と思いました

シーナ&ロケッツの公式チャンネルがなかったので、URLだけを貼ります

シーナ&ロケッツ「ユーメイドリーム」

今日も読んでいただきありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妄想じたばた日記 , 2019 All Rights Reserved.