先回の映画で、マシュー=ブロデリック主演の映画を書いたのですが、案外彼のでている映画を見ていたなと思い出しました。

その1つが、映画『レディ・ホーク』です。この映画はあまりヒットしなかったのかしら。なぜ自分がみたのか覚えがないのですが、もしかしたら昔の名画座2本立ての1つとして観たのかもしれません。

映画は、主演が ルトガー=ハウアー、ミシェル=ファイファー、そして脇役に若者の主役と旅をともにするマシュー=ブロデリック。

中世ヨーロッパを舞台にしたファンタジーで、悪い司教に呪いをかけられた恋人の2人の悲恋もの。「レディホーク」というだけあって、お姫様であるミシェル=ファイファーが夜が明けると同時に鷹になる魔法をかけられます(夜は人間なのです)。

恋人の方も違う魔法をかけられて。切ないファンタジーですが、監督が、なんといっても、リチャード=ドナー(リーサルウェポンや古いところだとグーニーズ!)。だからでしょうか、最後はハッピーエンドで終わります。やっぱり正義は勝たなきゃです。

出ている俳優さんは、もともと美形なところに加え、若いから、主演のふたりは本当に美しい(^0^)。特に、ミシェル=ファイファーのクールビューティなきれいさにはほれぼれします。彼女はいつもきれいな人だけれど、この映画は着飾っていないのに、そのまま美しいんです。

音楽は、アランパーソンズプロジェクトだと思っていたら、クレジットはアンドリュー=パウエルだけでした。どうしてなのかな。ロックなところがよくないという人もいるけれど、私はむしろ好きでした。