サンフランシスコ国際空港についたら、早速タクシーでサンフランシスコ市内へ。アメリカの西海岸に昔少し住んでいたので、なんとなく感じがわかります。しかし気を緩めちゃダメダメ。

ここ何年かは、空港から市内までの移動はタクシーになっています。

人数が多い場合だと、タクシーと電車賃家族代と同じくらいの値段だったりするのと、スーツケース等楽に運べるのでタクシーを使ったりします。

グループ旅行ならタクシーオススメかもしれません。

お金は「小分け」にして。
根こそぎ取られるととても困るので。
あと、人前に出す財布は、最悪盗られても惜しくない
安い財布で、その半日に使うくらいの現金を入れておくと
安心かも。

タクシーだと楽なだけでなく、固定料金が設定されているところもあるんです。タクシー料金は高い、と思っている人も多いと思う。でも、実は、空港から市内までをタクシー『固定料金』になっているところも、割とあるらしいですよ。

例えば、パリ。フランスの一番大きな国際空港 「シャルルドゴール空港〜パリ」まで「固定料金」らしいです(2016年の情報ですが)。パリ右岸までが50ユーロで、パリ左岸までが55ユーロらしいです。

今から2年前の情報なので、少し値上がりしているかもしれませんが、固定料金があるとわかれば、タクシーも安心。

何人かで乗れば、安くなるし。ローマもそういう固定料金があります。分かって入れば、ぼったくられる心配も減る(ないとはいえない。。)。結構向こうも押して来るからしっかり主張しないとね。

こんな感じで
Uberが来ます

あと、場所によっては、空港から市内までの経路(電車・トラムなど)が治安的に、あぶない!というところもあります。そんな時も電車などは使わずに、迷わずタクシーで。

今ならUberも良いかも。 Uberって、割とオススメです。

理由は、

①乗る前に払う金額もわかる

②クレジットカードだから、現金が心もとなくても使える。

(ただし、待ち合わせ時間に遅れると分単位でお金を取られるので、必ずスタンバイしてUberを待とう)

気を引き締めて、
楽しんで

そうそう、『人って、疲れている時は判断を誤って違う「路線」に乗ったりする』ことあるんですよね。。フー。

方向はよくても、全然止まらない特急に乗ってたりね(私、やらかしたことが有ります。泣けます ><)

来春、卒業旅行にいく、大学生のみなさん気をつけて下さいね。

余計なことだけど、なにより命が一番大切ですから。

青い空 白い雲

さて、サンフランシスコ旅行記の話。

アメリカ西海岸の日差しは、まぶしい。そして湿気が少ないので爽やかです。

ホテルは、パウエル駅近くの、「ホテル日航サンフランシスコ」。もとは、老親と泊まる予定で予約したホテルで、日本語が通じる方がよいと選んだ高級ホテル。とても立派なホテルで、家族一同、素敵で広いロビーやら感じの良い礼儀正しいベルさん(確か日系の方。良い人だった)にほおぉ〜となり。普段泊まらないような立派なホテルだったので、あちこち一同ガン見よ。

しかし、ここで、私は痛い失敗をしてしまった。親と泊まる日程と、実際の我々の日程が1日だけずれていたのだけど、それに気づいていなかったので、前日をno show してしまったんですよ。。

一泊分、余計に請求された時に、その理由を聞かされた時は、自分のダメさ加減にがくぜんとしました。。

宿泊費の高いサンフランシスコでこれはイタかった。旅程の変更には、念を入れてチェック!ですね。

サンフランシスコなので
もう少し健康的な
食事だったと
思います

1日目はついた時間が夕方だったので、パウエル駅近くの「ウェスト フィールド サンフランシスコ センター」の地下のフードコートで夕飯。

時間帯が夕方だったからか、フードコートや食品店は落ち着いたいい雰囲気で、フードコートすら感じがよくて。

もしかして、サンフランシスコは、おしゃれな街か?と予感が。その予感は当たるのでした。そうでした。いろいろなところで、サンフランシスコ良かった(^0^)。

2日目に備え、みな早くに寝たはず(だけど若者はわからない 笑)。