機内食がキライだーという人は案外多いと思います。味というより、ずっと機内の座席に座って、寝て 起きて、寝ぼけ眼でまた食べる では、美味しさがなかなか感じられないのも当然かも。

食器はこんなりっぱでなくても
こんな機内食あったら嬉しいな

もちろんエコノミーだから美味しくないんだよ〜ということもあると思います。

が、以前ちょっとエコノミーの機内食を比べた記事を読んだのが面白かったので、それを参考に、また自分の経験などをふまえ、あくまでエコノミーで機内食に少しだけ書いてみます。

①まずは、大韓航空の ビピンパ。これを推す人はかなり多い様子。なんでもコチュジャンのチューブを一緒にもらうのを忘れないことが大事だそう。結構有名みたいですね。辛いのが平気な人レッツトライ!。

②ヴァージンは、以前乗りましたが、夫はイケる!と喜んでいました。私はまるで覚えがないのですが、他の人も言っていたのでヴァージンは美味しいのでしょう!

③私いちおしはやはり、エミレーツ。ここに、勝るものなし。なぜかなあ、私が好きなだけかしら。しかし、そこそこエミレーツは航空会社自体、ランキングが高いいし良いんじゃないかな。もう一度エミレーツ乗れるといいなあ。就航便数が減った気がします。

④アリタリアのラザニア!やっぱり本場だから美味しいのかも!(ただ、機内食を作るのは飛び立つ空港近くの専門業者が作ります。近くにすんでいたので知っております^^;)。

⑤やっぱり日系。JAL ANAの機内食にはハズレなし。そうおっしゃる方も多いです。世界に誇る日本食に間違いはないかも。

私は、「もうこの歳になると機内食に期待しないのよね〜」、なんて人に言いながら、いざCAさんが回ってきて、「ビーフor フィッシュ?」等尋ねているのを聞くと思い切り悩んでます。

どれにするか、結構賭けだったりするじゃないですか?自分が選んだものより人が選んだものが美味しかったら、あぁしっぱいした〜、残念ってなるし。

右上にあるような、おいしい ワッフルなんて機内食で出てきちゃったら(ビジネス以上にはあるかも)、機内が楽しくなること間違いなし! です。エコノミーなら永遠に無理ね。

きっと私が知らない不思議で美味しい機内食が、世界にはあるのでしょうね。