サンフランシスコ旅行(2014)-5  涙のゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコですること・・『自転車』、と書いたら「なに、それ?」と思った人も多いのでは?そうです、私たち、サンフランシスコでレンタルサイクルして、ゴールデンゲートブリッジを渡り、あちらの街に行きました (>0<)!何年か前に、夫がこちらに仕事できて、空いた時間にゴールデンゲートブリッジを自転車で走ったことがあるんです。「スゴく良いよ!楽しいよ!」とアピールされて私たちも今回行くことに。

普通、ここは車で通るところですよね
どうして自転車で走ることになったのか
ゴく風が強いので自転車は大変でした

今回の、レンタサイクルでゴールデンゲートブリッジ編は

①レンタサイクルで、自分に合う自転車を借ります。②レンタサイクルでひた走り、ゴールデンゲートブリッジを渡り、向こう側の街サウサリートへ渡ります。③サウサリートを満喫。④サウサリートから、サンフランシスコのピア39へ戻る

ルートは、以下の通りです。。あー、書いていて疲れてきたような。

『ピア39あたりのレンタルバイクショップ発→サンフランシスコの海岸沿いを走る→ゴールデンゲートブリッジの前の緑地公園を突っ切る→ゴールデンゲートブリッジをとにかく走る(橋長いよ〜;o;〜!)→ステキ街サウサリートへ到着。

少々、わかりずらいので、地図を載せてみますね。青い線の部分が、自転車のルートです。

レンタル自転車屋から、ゴールデンゲートブリッジの緑地公園あたりは平坦だし、割と楽勝です。ただ、橋に向かって、上りの坂道が延々と続くと少しつらくなってきます。

しかしそこを踏ん張ると、ついにあの、真っ赤な「ゴールデンゲートブリッジ」(あれ、赤いのになぜにゴールデン)。

そこから、下は海、ながいブリッジを自転車で走ります。驚いたのは、あんがい自転車で渡る人が多かったこと。

また、徒歩でわたって楽しむ人も多く、以前1度車で走った時には気づかなかったことでした。

笑顔で走れるなんて
スゴイ

サンフランシスコの人は(西海岸)の人は、本当に健康にアンテナを張っているんだなあ、と思うほど、皆、自転車(スポーツバイク)で軽々走って行きます。

シェイプアップされたかっこいい人たちばかり。私以外の家族はわりとスイスイ走っていたけれど、アラフィフ の私には風が、なかなか手強かった。。

でも、せっかくの機会だから、橋の上から、サンフランシスコをみないといけませんね。一息ついて、対岸の街なみの景色を満喫(^^)。とても、きれいでしたよ。

「行くかいはある」、確かにそうかも。遠くには、あのアルカトラズ島も見え、海はキレイです。サンフランシスコに住んでいる人が、ほんと羨ましくなりました(⬅︎いや、不動産高いです)!

対岸につくと、そこはおしゃれな街。サウサリートというらしく、こじんまりしていますが、お洒落なレストラン、セレクトショップが街のいたるところにあります。

サウサリートの街にたどり着くには、すこし、自転車で15分弱登ったり降り立ちしなくてはいけません。というのも、サウサリートは、丘陵地にあるからです。頑張ってサウサリートに到着すると、まずは自転車を停めるところを探します。ある程度自転車置き場があるので、お金を払い、自転車を停めてやっと一息です。

私にはこんな風に
助けてくれる人はいないわ。
でも、私もこの女性みたいに
素敵じゃないワ

私もちょっと勘違いしていたのですが、ゴールデンゲートブリッジを渡ったらすぐに街には到着しません。

なので、もし行かれる方は、橋を降りてからの上り下りを頑張って(道が若干悪いです)ください。

さてさて、帰りのフェリー(帰りはフェリーで^^)の時間を確認しときましょう!帰られなくなると困るから。

私たちはこのフェリーに乗りました。https://www.blueandgoldfleet.com/ferry/sausalito/

BULE&GOLD FEET この会社のフェリーにみんな、自転車ごと乗ります。

さて出発時間を確認したら、サンフランシスコ名物のサワードゥパンをくり抜いたクラムチャウダーを食べにgo! ⬆︎うえの写真、海に突き出たピアのようなところにレストランがあります。 他にも、サウサリートは美味しいシーフードレストランがあるようです。

レストランは The Spinnaker http://www.spinnakersasausalito.us/home  

このレストランの写真ではありません。。
イメージと思っていただければ。
空腹であっという間に、食べ始めたので
写真が一枚もないです。

皆は、ビールで乾杯!ワタシはジンジャーエール(私はアルコールダメです。人生損していますね)。美味しかった、クラムチャウダー。アメリカで海産物料理はあまり期待しないけれど、美味しかった!幸せでゴンス。

フェリーでかえりバイクショップへ。じつは、自転車を返却する時刻ギリギリ。そうしたら、周りの自転車のっている人たちもみんな同じ地区で借りていたようで、みな一同同じ方向へ必死に走りました(^0^)。

前を走っている人が、道をよく知っている様子。狭い道をくねくね曲がりながら、スピードを落とさず走る走る!

しかも気をつけるところは気をつける。できたお人でした

「本当にこの道?」と一抹の不安を抱えながら、先導の彼を信じ、ひたすらついて行ったら時間にバッチリ間に合った!

前の先導お兄ちゃん、本当にありがとうです。あなたなしじゃ、間に合わなかったです。

これが、涙のゴールデンゲートブリッジ自転車旅行の顛末です(涙と着くのは、アラフィフ には、なかなか辛かったので。日頃の運動不足をひしひし感じた)。帰ったら運動だ!

ちなみに、ここのバイク屋さんでも、背の低い (153cm)わたしは、子供用バイクを借りました(^^)。間違いなしヨ!