前日、1日中、自転車旅行でとても健康的な家族だったのに、次の日には、いっきょに『飲みまくり家族』になった我が家。落差がはげしすぎです。さあ、次の日はどこへ行ったのやら

次の日は、バスツアーで、サンフランシスコ近郊のワイナリーへ行くことにしました。

サンフランシスコ近郊のワイナリーといえば、

多くの方がご存知のナパ・ソノマワイナリーがあります。

ここには、大変多くの有名ワイナリーが存在。

多くのワイナリーは、観光客向けにワインテイスティングのコーナーを設け、客はワインをその場で購入できます。

また、デリ(これが美味しい)を売っている店もあり、

その店の戸外でピクニックもできる楽しいところです。

ちょっと、ワインそのものから話がずれますが、オススメを1つ。

ナパで、ワイナリーでワインを買い、

デリも売っているところがあって、ピクニックエリアも隣にあるので、とても良いんです。

デリが買え、ピクニックもできるワイナリーはこちら(ナパのセントヘレナにあります)『V Sattui Winery』

こちらのワイナリーは、有名なモンダビ・ワイナリーや、

オーパスワンを北上した同じ道路沿いに位置しています。

https://www.vsattui.com/

『V Sattui Winery』は、あまりに人気があって昼時は、すごく混みます。

もし行かれる時は、お昼時間を少しずらして行かれるといいかもしれません。

のんびりピクニックが、人混みのなかで、落ち着かなく食べるのはいやですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、うちの家族は、私以外みな、アルコールはOKなんです

私は飲めない訳じゃないのですが、

今はほとんど自分からは飲まなくなり、かなり弱くなりました

(父親はかなり飲めるのに、母が梅酒のゼリーで酔うので、そちらの遺伝を引きついだのかも)。

さて、ここサンフランシスコに来たら、『ナパバレー』(カリフォルニアワインの名産地)へ行こうと思う人も多いです。

うちも、みな大賛成。私も飲めないけれど、楽しいところだからOK。

行く事に決まると、ウキウキしながら、

夫はホテルのデスクで、ナパワイナリー巡り日帰りバスツアーに申し込み。

どうしてツアーかというと、運転など考えず気楽にワインが飲めるから。

大切ですよね。

(気のせいか、昔ナパに行った時は、ちょっと飲酒運転の車が多かったような気がします。今はちがうかもしれませんね)

ワイナリーのガイドドライバー
ワイナリーツアーガイドさんは
もう少し年齢がいった人。
ナパに向けて、フリーウェイを突っ走る〜

時間になって、ホテルから案内されてツアーのマイクロバスへ。

カナダから来ていたフランス系カナダ人の引退された夫婦と、私たち家族だけ。

ワインボトル

カナダのご夫婦は、とても感じのいい方達でした。

でも、今でも、海外の人と密室だと緊張するブログ主です

(成長しないですねえ><)。

さあ、出発。夫とカナダ人のご主人が同じ業種ということもわかり、

次第に話もはずみ? 

こののち、ワインが入って結構打ち解けたかも。お酒のちからって偉大。。

ガイドの男性(ポールー仮名)は、明るく楽しい人。

運転しながら、どんどんみんなに話を振ってきます。

バスの中は、彼のおかげで和気あいあい。

楽しくなってきました。

(ポールの 隣りの助手席に座った娘は、「彼が超ハイパーで疲れた」と言っていました)

これは、 イマジナリー エステイト ワイナリーにいった写真

ツアーガイドの彼は、あまりメジャーなワイナリーでなく、

素人があまり行かないところをいろいろ巡ります。

なので、ワインの詳しい人にも楽しかったらしいです。

うちはそこまで詳しくないので、言われるまま、ただついて行っただけ(^^)。

わいんばたけ

2つくらいワイナリーを巡ったところで、ツアーコンダクターさんが用意してくれたサンドイッチの昼食をワイナリーの庭で食べます。

美味しかった。自然の中で食べるのは気分がいいものです。

さて、どんどん、新しいワイナリーに行ったりしていると、メンバー皆んな酔っぱらいはじめました。

試飲といっても、ワイナリーの人は、割となみなみグラスに注いでくれ、

皆ついつい飲んでしまう。

全部飲む必要はないのですが、いきおいでしょうか、うちの家族も、カナダの夫婦も、つい飲みほしてしまってます。。

ワインを貯蔵している蔵ツアー
よこにある円柱形の樽にワインが
入っています

あちこち、ガイドさんの知り合いワイナリーに行き、

5軒目ワイナリーのころには、当然ながら、

みんなすっかり、できあがっていました。

これもテイスティングした
ワインかな?

それにしても、みんな飲みだすと、試飲の最中も、口もなめらかになるもんですね。

皆んなくちぐちに、うんちく語ります。

「これ、ここがいいね。美味しいね」などと言っていると、

ワイナリーの人が「じゃあ、今度はこれを試してみて。ちょっと違うフレイバーよ」となり、いよいよ酒量が増えます。

飲めないワタシも、ちょっとづつ飲んでいて。美味しかった。私も少しなら味がわかるんです(^^)。

そのうち完全に、みんな酔っ払った状態に。カナダのご主人と、夫は「ノーモア ワイン、ビアプリーズ」とわけのわからない事を口走っていました。酔っ払い集団です。さあそろそろ帰る時間。

途中、ちょっとナパの中心にあるモールによって、

コーヒーのんでトイレ休憩したら、サンフランシスコへ。

途中ゴールデンゲートブリッジ(昨日奮闘しまくった、いえ、ヒーヒー言ったところ)

近くのビューポイントで記念撮影。

あとでここで撮った写真をみると、記念撮影のみんな、顔がゆるみまくり(#^^#)でした。

皆ホニャホニャという顔で写っていて。

さあ、お家へ帰ろう

1日のワイナリーツアー楽しかったです。ガイドさんに連れて言ってもらって本当に良かった(^^)。

ポール(仮名)、ありがとう。

後記:ホテルに戻ると、うちの酔っ払いの家族3人は、ベッドに直行していました。

それからしばらく起きてこなかったです(笑)。まさに、バタンキュー。

ナパ・ソノマバレー、ワインもとても良かったけれど、同時に一面の葡萄畑がきれいでした。心洗われる景色とでもいいましょうか。とてもすてきなところでした。

今日も読んでいただきありがとうございます。