三銃士の映画です。もう、三銃士の話は本当に名作が多い。そして、ルイ王朝のストーリーも本当に名作が多い。

この方もイケメンですね!

その中でも、私が今日オススメするのは、この映画と言ったら、三銃士映画ファンに、「他の三銃士も面白いんじゃないの?と言われるかもしれない。

例えば、オーランド・ブルームや、ミラ・ジョボヴィッチのでていた 三銃士はどうなの?」それも面白いんです。

でも!この映画は、なんといっても、イケメンであり、名俳優たちがこれでもかと出てきます。ここがこの映画のポイント!

1 『若き日の、うるわしい レオナルド・ディカプリオが 見放題

むちゃくちゃハンサム!若きディカプリオは、漫画から出てきた?と思うくらいの美しさ。

(なのに、どうして年齢を重ねたらごつい兄さんになったのか、、いや、それもイイけど)。

2 渋い、ディカプリオをしのぎそうなくらい魅力的な、中年壮年俳優が出まくり

うーん、イカすわね

そうです、ダルタニャンには、ガブリエル=バーン、アラミスがジェレミー=アイアンズ(!)、ポルトスはジェラール=ドパルデュー、アトスがジョン=マルコヴィッチです。『ニキータ』で出ていた、アンヌ=パリローも出ています。

オジさま俳優
素敵すぎよね!
あたしだってわかるわ

書いていてもう、興奮してきました(フンゴー!猪なので許して)

脇を固める俳優達が、すてきです。

どちらかといえば、私はこの人たち目当てでこの映画を見ました。こんな豪華なメンバーなかなか一度に見ることはないので。

とくに、ダルタニャンのガブリエル=バーンは、なかなか商業映画でお目にかからない気がするので、嬉しいです。ここ大事です!

こちらが映画の予告編です。

公式でないと思うので、URLを貼ります。

https://www.youtube.com/watch?v=CLwBmPZqiIY

スカッとする映画でもありますし、見応えある映画だと思っています。

機会があれば、一度ごらんください。