サンフランシスコ旅行記(2014) 番外編 食事 『 ステーキ』ステキ

質問です:海外旅行すると、皆さんどんなレストランに行きますか?

① 海外の高級レストランどのくらい行ってますか?

② アメリカの美味しいレストランってどこ?(イノシシ主婦の偏った感想)

③ イノシシ家族が サンフランシスコで 行ったレストラン

マダム オススメは こちらです

① 海外の高級レストランどのくらい行きますか?

ミシュランの星付きレストランに行ってる?!おぉぅ!(注  ブログ主イノシシは 行ったことは、なし。まだ見ぬ世界)

皆さん、そこまでいかなくても、かなり良いレストランだったりするのかも?

は〜るばるきたぜ
フランス〜🎵

確かに 航空券代使ってはるばる異国に来ているのだから、その土地の良いレストランに何軒も行かないのはもったいない。

グルメな人なら、旅行自体の目的が、グルメなレストランに通うためだけ、という人もいそう。そんなエッセイを、昔バブルのころに読んだことがあるわ(遠い目)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私の家族の場合は(今だと私たち夫婦だけ)、旅行中1度くらい、良さげなところに行く程度。

立派なところは、腰が引けて行けないです。だって、行ったら、どうしていいかうろたえるのが目に見えてるから(笑)。

たいていは、ひたすら、ローカルな感じの入りやすい食堂(レストラン?)へ行くか、ファストフード(美味しいハンバーガーとか^^)か、スーパーで買い物をして、アパートホテルで買ってきたお惣菜と簡単な調理で、のんびり&ぐだぐだしながら食べています

(海外へ行っても、染み付いた庶民感覚がぬぐえない。。海外までいって、おさんどんする自分にちょっと呆れる時もあります)。

② アメリカの美味しいレストランってどこ?(イノシシ主婦のかなり偏った感想)

私にとって、アメリカの『いいレストラン』は、どこかと聞かれたら、『ステーキ』店と即座に答えると思います。

以前からなんとなく思っていた事だけど、アメリカではステーキが一番美味しいんじゃないかな?大胆に言い過ぎかしら。数少ない経験とはいえ、そう思っています。

実際、アメリカでの、ステーキ店のレベルは割と高く、あまりはずれがないような気がするの私だけでしょうか。

なんか違ったね・・
うん、店選び間違えちゃったのかなあ・・

たとえば、あなたが、その土地での評価が高いシーフードレストランに入ったとして。でも案外、感想が「???」になることがあるかもしれない。

モチロン、美味しいところもある。でも、イケてるシーフードレストランという触れ込みで、行ってみると「う〜むう〜む」ってなって帰ってくることが多かった。。

お客さん、新鮮な魚ばっちり
仕入れてますぜ
🎶

たぶん『その理由は、私たちがいつも日本で、美味しい新鮮な海産物を日常的に食べているから!!』じゃないかしら?

その土地の人からしたらとても美味しいシーフードでも、海の幸タップリな日本から来てしまうと、「あれっ?ちょっと違わない??」となってしまう可能性が高い気がするんですね。

私個人の印象にすぎないから、超美味しいシーフードレストランあるわよ!って思われる方、すみません。

③ イノシシ家族が サンフランシスコで 行ったレストラン

どこにしようかな
たくさんあり過ぎちゃって
迷うわ!

さてそんなこんなで、私たちがアメリカに行った場合は、一応『ステーキ店』から探しています。

レストラン探しは、まずは、アメリカ版食べろぐともいえる、『Yelp』や『オープンテーブル』を見るところから。日本国内でも、ネットのグルメサイトを活用することは多いから、一緒ですね。いや便利な時代ですよね。1990年代の半ばまでは、ガイドブックと首っぴきだったから。

現地お住まいのブロガー様
ありがとうございます!

それから、必ず現地にお住まいの日本の方の「グルメブログ」を拝見してます。

旅行するたび、その地の美味しいものを紹介してくださる現地ブロガーさんには、今まで本当にお世話になっています。いいお店厳選して紹介してくださってるから、とても参考にしています。

食べ物評価サイトは、YelpやOpen table の他に、「ザガット」などもあって。で、これらの1つを見て参考にしてます。

で、話がステーキに戻ります。去年くらいから、日本でも熟成肉がブームです。

アメリカの評価の良いステーキ店だと、どうやら熟成肉は当たり前のように出されているようです。20年前くらいにアメリカにいた時から、すでにドライエイジングによる熟成肉は、いいステーキハウスなら普通だったらしい。たぶん。。。この頃は実際に行っていないので、なんとも言えずすみません(夫がモートンズに仕事で行ったことがあると後ろで叫んでいます。。自分だけかい!)。

話がそれてすみません、サンフランシスコのレストラン選びに戻ります。

うまうま、ステーキ!

Yelpで見ると、ステーキハウスがたくさん出て来ます。有名な「モートンズ ステーキハウス」「ルース クリス ステーキハウス」はやはりサンフランシスコにあります。

どうしようか」家族各々、悩み迷う。結構まじで真剣にみな悩う。イノシシ家族は、美味しいものはなかなかお目にかからないので、行くときは真剣ダ!

まずは、気になる店を上から順にと電話。「リーンリーン♪」

しかし、あいにくその日は金曜で、いきなりその日の夕方に電話していたから、どこも空いていない。段取り悪すぎね。土壇場になって行こうと決めたのでこんなになってしまった。

何軒も断られて、やっと予約が取れたのは、「アルフレッズ ステーキハウス」。どうやら定番中の定番らしいです。HPを見ると、老舗感が半端ない。立派な様子に、かなりびびります。

それでもって、グルメサイトの、「オープンテーブル」を見ると高い評価と低い評価が見事にまっぷたつ。ええ?どういうこと?高そうな店だし、失敗したら目も当てられない。う〜〜んう〜ん?

結局、アルフレッズ、行きました。みな、空腹マックスで、あとは、まともな外食ここだけだったので。。ここは「アルフレッズ」に賭けました。たのむぜ(誰に?)

アルフレッズには
バイオリニストは
いません

「アルフレッズ ステーキハウス」は、いわゆる老舗ステーキハウスで日本の駐在の方もよく使われるらしい。そんな高級そうなとこ、行ってもいいのか。ちょっとばかりびびりながら、タクシーでご来店。

『アルフレッズ ステーキハウス』

公式HP http://alfredssteakhouse.com

住所 659 Merchant Street San Francisco, CA, 94111
PH. 415-781-7058

着いて入店して見ると、おぉ、これまた、重厚感のある内装。老舗感が強いという、ネットの感想は本当です。赤と黒を基調にした、落ち着いた照明の雰囲気の店内。店の両側は、ずらりとレトロなボックス席。サーブするウェイターさんはみな立派で感じがいい。

さてと、注文はよく考えて、あとはちょっとウェイターさんにも聞かないと。

だって、アメリカのステーキ大きいですよ。

みなさん、アメリカの『ニューヨークストリップ』とか『リブアイ』とか、全然平気ですか? 稀に、小ぶりなステーキもあるけれど、たいていは結構大きい。

ていうか、すごく大きい。そして、サイドディッシュがこれまた、がっつりくる。私は、このサイドディッシュの半端ない多さでノックアウトされるので、用心してます。

考えた挙句、私たちの注文は、用心して全員、「フィレ ド ミニョン」。つまり一番小さいサイズ。私たち小心者の家族。

最後にデザートを1つ(笑)頼んだら、テーブル脇で調理してフランベしてました。これ、このお店の名物なのかなと思います。アルフレッズ ステーキハウスで検索すると、よくこのフランベの写真がでてくるので。

アルフレッズ ステーキハウスの前

いや〜、食べた食べた。。美味しかった。「アルフレッズ ステーキハウス」ちょっとでも疑ってごめんよ。美味しいし、ウェイターさんの感じもとても良かった。食べ物って安直だけど、人を幸せにしてくれます。

みなさんが、海外に行かれた時の、食事(レストラン)を選ぶ基準てなんでしょうか?一度だれかに聞いてみたいなと思っています。