私達家族は、夫の仕事の関係で、南カリフォルニアの街におよそ3年半滞在していました。その日々の中で、何度か訪れたのが、『ラスベガス』です。

今回は、まず、ラスベガス、第1回目旅行のくだりです。何もわからず、ラスベガスに行った私たち。もたもたしたり、楽しかったり。まだアメリカ滞在初期の旅行で、マトを得ない旅行でしたが、記念すべき1回目の旅行なので、思い出ぶかいものがあります。

このサインを見ると、
嬉しくなってきますね!
映画「オーシャンズ11」を
思い出します
「レインマン」もよかったですね

さて、『ラスベガスに何度か行った理由』というのは

①行き方がとても簡単だったから。

アメリカで、住んでいた街(南カリフォルニアコースト周辺)から行く場合は、途中から、延々I-15Nという道路をひたすらラスベガスに向けて車を、まっすぐ走らせるだけなのです。主たるホテルは、ストリップ沿いにあるので、大変便利で、道に迷うことがすくない行き先です(^^)。方向音痴の私もわかりやすい道でした。

上の地図は、例えばの場合として、アナハイム(大谷翔平くんのいるエンジェルスの本拠地)→ラスベガスに行く道のりを表してみました。エンジェルス球場で大谷くんの活躍を観戦してから、車で行くとするとこんな感じになります。

この写真は右ハンドルの車のかなあ

地図の道筋をごらんになるとわかるように、途中からI-15という道路に入っています。結構単純なみちのりですよね。

途出発点によって、I-15に入るまではそれぞれ違う道路をとりますが、I-15に入るとずっとそのまま走ればラスベガスに向かいます。わかりやすい道のりだったので、わたしにも助かりました(一応、夫が寝そう、となれば妻が運転しなきゃいけないので。というか長距離だとあるていど交代です)。

② キャンプ(グランドサークル等、アメリカ国立公園旅行)の最終宿泊地

何度か行ったキャンプ旅行(グランドサークル・グレイシャー方面)の帰ってくる道で、最後に泊まる場所がラスベガスでした。位置的に、ここに泊まると、次の日に帰路に着くのがとても便利でした。

すこし話がずれますが、アメリカにいる時、私にとってラスベガスはサイコーに素敵なところでした。というのも、ラスベガスは、何週間かキャンプで汗と土にまみれてよれよれしている帰り道に寄ってました。なので、お風呂とバフェーのあるラスベガスは、超『文明のある街』だったんです(笑)。

長いキャンプの後に、ゆっくりラスベガスのホテルではいるお風呂は、まぎれもなく極楽モノでした。

③旅行の中継地点としてのラスベガス。

グランドキャニオン国立公園に行く時など、まず、ラスベガスにとまり、それから、「フーバーダム」、「グランドキャニオン」へ向かいます。行程的に、ラスベガスで1泊してから行くと楽だし、どなたかと行くとラスベガスに泊まることで喜んでもらえることも。本当はラスベガスに数日はいたいですが、グランドキャニオンが目的地だと、のんびりはできないけど、雰囲気は味わえる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

初めて、行ったラスベガスは、アメリカ滞在を始めて半年と少したったころ。ちょうど、11月末のサンクスギビングの休みでした。周りの人に勧められてあまりわからず行ってしまったのですが、それなりに楽しかったのを覚えています。

「昔の我が家がマジックショーに行った顛末」〜を、以前、このURLに書きましたので宜しければ、ぜひどうぞごらんください。記事の後半、昔行ったラスベガスの話をのせています。⬇︎

https://mo-so-jitabata.com/2018/12/05/lasvegas-memory

『さて、初めての『ラスベガス』です』

①ホテル

我が家が、ラスベガスに初めて行ったのは、2000年の11月末サンクスギビングの時でした。

始めて行った時は、サンクスギビングの時期の混みっぷりをわかっていなかったので、ホテル選びもぎりぎり。とにかく空いているところを何とか探して、やっと見つけたのは、「エクスカリバー」ホテルです。

このホテル選びは、あとで思えば、正直ちょっと微妙だったかも。場所としては、MGMグランドホテルの斜めにあるのですが。

部屋のにおいがたばこのにおいで充満

理由はまず

1 ストリップのやはり端にあり、中心の賑やかなところに行くのはちょっとたいへん。

2 喫煙問題。当時のエクスカリバーは、たばこの煙がたちこめていました。まだ、禁煙というゾーンがかなり少なく、みなさん吸いまくり。あちこちタバコのにおいが充満していました。

愛煙家にはいいホテルなのですが、タバコをだれも吸わない環境だった私たちには、ここのところが、なかなかつらい状況でした。わかっていなくて、宿泊したのは大きいミスだったなあ。

アトラクションにキャー!

2000年ころの子供たちは現地の小学一年だったので、楽しみは、各ホテルが提供するホテル前のアトラクションショー。

ストリップ沿いに、アトラクションを楽しみ、ストリップの終わりにある、「サーカスサーカス」でゲーム大会!この辺になると、親は疲れてます(笑)。

しかし、こどもはゲームを前に目がらんらん。ゲームは偉大です。

②食事

食事は、バイキングを知り合いの家族(子供が同級生)と落ち合ってとりました。「アラジン」のバイキングで堪能しました。サンクスギビングだから、七面鳥も食べます。「パリス」のバイキングに行きたかったのですが混んでいたので、アラジンへ。美味しかったし楽しかった!

みんなでカンパーイ!
たのしい夕食!!

アラジンのバフェーも良かったなあと思います。子供づれの家族にとてもいい感じだったし、みんなでわいわい食べたのも、本当に懐かしく思い出されます。

そういえば、ご存知の方も多いと思いますが、アメリカだとバイキングは「ばふぇ〜」と発音します。

スペルは、Buffet。うーん、バイキングも不思議な名前ですが、日本人からすると「バフェー」と発音するのも不思議です。

ちなみにこの友人家族とは、アメリカの住まいが道をはさんだご近所だったこともあり、数え切れないくらい一緒にご飯を食べていました。

ラスベガスのホテルは、合計多分6つのホテルに泊まりましたが、エクスカリバーは最初ということもあり、忘れられないホテルです。

ストリップ通りをはさみ、
ホテルがびっしり。
知らないホテルがいっぱい
シーザースパレスは、「ハングオーバー1 」で
使われたところですね!

みなさんはどんなホテルに泊まられたでしょうか