この曲は、カテゴリーにある80年代洋楽ではない曲です。今日はこれを聞いてエネルギーチャージしなきゃいけない日なんです。がんばらなくちゃ、フー。

この曲は、皆さんご存知のように、ピンク!の大ヒット曲です。

私にとっては、アメリカにいた時に、

カーラジオをつけると一時期いつも流れていた曲で、

ゴキゲンになる曲。元気が出る曲。

それは子供も同じで、子供にもとても人気がありました。

ちゃんと、子供たちが聴いていいように、

この曲の言葉を子供が聴いて問題ないように、入れ替えていました。

『ラジオ・ディズニー』など子供向けラジオ局でバンバンかかっていたようです。

ピンク!はウィキペディアによると、ペンシルベニア州出身。退役軍人のお父さんをもち、音楽好きなお父さんの影響で古いロックに親しんでいたようです。

彼女のパワーチャージ曲をぜひお聴きください。

ピンク!
あなたの曲でいつも元気になったよ!
ありがと!

彼女が7歳の時両親は離婚、お母さんは音楽好きを理解してくれなかったそうですが、彼女が高校中退の時家を追い出したそうです。

強いオンナはカッコいいのよ!

うーん、音楽好きを理解しないだけで関係が悪くなるのかな。

ちなみに知り合いの子供さん(アメリカ人)は、

高校中退をした時、家を飛びだしたそうです。

追い出すか飛び出すか違いはあるにせよ、

高校中退をすると家にいづらいものがあるのでしょう。

以前、家を飛び出したその子のお母さんと

高校中退について話したことがあります。

少し慰めのようなかんじで、私は話したのですが。

私「アメリカはやり直しの機会があるからいい。

日本はなかなか高校中退をすると、その後が厳しい。

まだ将来はあるわ。若いんだもの」

しかし、彼女は真剣な顔で

「高校中退が社会的に厳しいのはアメリカも同じ。

せめて、高校を卒業の資格をとらなくては世間で本人がつらい」

と言って嘆いていました。

ああ、人生は思うようにならず、辛いなあ。

さてピンク!にもどります。

彼女は、こんなつよーい女性だから、

夫なんていらないかと思ったら、

結婚していらっしゃいました。

モトクロスレーサーの、ケアリー=ハート。

お子さんもいて、

お子さんについてぐっとくるスピーチをした『ピンク!母さん』。

パワフル母さん。感動するスピーチなので、機会があればぜひ。

こそだてする親だけでなく、単に1人のおとなとしてぐっときます。ピンク!あーた、めちゃくちゃな人の部分もあるけど、すっごく素敵なところもあるわ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次に彼女の夫も出演する「ソー ホワット」のPVです。なかなか会えなくてなんども別れの危機がありつらい思いをしたピンク!の葛藤するきもちが表れています。

歌詞の出だしはこんな風。

「夫が消えたわ。どこにいるかもわかんないわ。私達はもう終わったの、あんたって本当にバカな男よ。」

ちなみに、この時、まだかれらは結婚していなかったそう(驚き)。でも、ピンク!はPVで彼を夫として呼んでいます。

姉さん、筋肉がすごいです。
アリシア・ケアリーの印を刻んだ木をチェンソーで倒しちゃう
泣けるわ!
でも、ケアリーでてきて、案外仲よさそうよ!

「ソーホワット」意味はいくつかあると思いますが、ありがちな使い方は、「そんなの知らないよ」とか「だから、何?」という意味です。そう、人生たまには「so what?」言いたい時もあります。いや、ちょくちょく!

仲良くしようよ

そういえば、自分の子供がアメリカにいた小学低学年の時、「同級生とのけんかにこの言葉を使う」、といっしょにいた日本の女の子と言っていて、親の私はたいへん驚いたことがあります。

「うちの子どうなってるの〜?」て心配になったりして。実際、女の子たちの中には、なかなかいざこざもあるから、時にこんな言葉も出るんでしょうが。

よく、いばっている bossyな女の子がいて、その子に「みんなで腕組みして”So?”(で、なに?)って対抗するの」、と娘たちが口々に言っていたのを思い出します。やれやれ。まったく女の子たちは ほっとけない。

まあ、思い起こせば、私もこどものころ、同性で口喧嘩していたっけ。どこでも同じですね。

ねえ仲良くしなよ

うちの子供達はアメリカで、思いのほかけんか言葉を覚えてきて、呆れた思い出もあります。女の子なのに。

日本へ帰り、娘たちは、「日本語には、口けんかに使う語彙が少ない」なんて言っていて、「これが、女の子の言うことかいな」とおもいました。

ただ、超悪い言葉は、絶対に使わないそうです。ヤレヤレ、それはそうでしょ。てか、あたりまえよ!!

最近さむいですね。みなさま、お互いに体調に気をつけたいですね。今日も読んでいただきありがとうございます。