みなさん、脱毛といったら、まずは何を思い浮かべますか? 若い年代の、主に女性が、美容のためにする脱毛を思い浮かべるのではないでしょうか。実際、脱毛サロン・脱毛クリニックのコマーシャルはたいてい、若い女性を起用していますし、そこの利用者の多くが若い女性と言っていいでしょう。

あなたも脱毛してすべすべ肌をゲット!

しかし、最近わたしのまわりだけでなく、じわじわと、アラフィフ いわば中年世代層が、脱毛に関心をむけています。どうしてでしょうか?

1 中年女性の美容意識が高まったため

女性は年齢が上がっても、美容の関心はおとろえることはなく、現代、アラフィフは、例えば50年前のアラフィフ世代より心身ともに若いようです。

そのため、美しくありたいと美容の一環として、脱毛を考える人も以前に比べるとぐっと増えています。

私は美魔女には程遠いアラフィフなので、そちらは縁がないです。でも、ちょっときれいにしたい気持ちはよくわかります(^^)。

さて、もう1つは、うって変わって、これはかなり現実的というか、介護を見すえたもの。

2 介護「される」側にまわったときを考える

アラフィフ 世代は、介護の経験者だったり、今まさに介護真っ最中の人も多い世代。

介護はきれいごとでは済まない、きつい現実と対面することが日常茶飯事です。そんな介護の日々の中で、下のお世話をすることもあたりまえ。

お世話のさい、赤ちゃんのようにつるっとしたお尻なら楽なのですが、大人だとそうはいきません。

きれいに清潔にしておこうとするには、私たち大人の、あたりまえにある毛が邪魔になってしまうのです。入浴もままならない高齢者の場合、下の世話は清潔に保ちたいので、どうしても毛が邪魔になってしまうわけです。

脱毛とくに下の部分、というと、クスッと笑ってしまう人もいるでしょう。でも介護に直面している人からすると、いたって真剣な話、まじめな話なんですね。

こうした経験をすると、アラフィフのある一定の人たちは、

「いつか将来、自分が介護される側に立った時、下の世話で介護側の人に迷惑をかけたくない」

と思い、脱毛を決心すると言います。

もちろん脱毛したところで、介護してくれる方に多大なお世話になることには変わりません。でも毛がないことで「少しでも迷惑が減ればいいな」と思うんだそうです。

将来のためにどうすればいいかしら?
みんなに面倒はかけたくないわ

この主に2つの現実をふまえ、今、アラフィフ世代の脱毛が、静かに広がりつつあるのです。

じっさい、私の周りや、友人も、「将来を考えて永久脱毛してきたわ」という人、います。

そして、私にも「脱毛ならここのクリニックがいいよ」、と教えてくれる事は1度や2度ではありません。

みなさん表立って言わないだけで脱毛している。脱毛の話って、声高に話したりしないけれど、じつは静かに中年層に広まっているのですね。

ここまで読んだかたで、もしかしたら

「あら!知らなかったけれど、私もやってみようかしら。でも脱毛って若い女の子がやることだと思ってたから、何も知らないのよ」

と思われた方。

調べてみるわ!

わたしたちに不足しているのはそう、「どこで脱毛処置をすればいいのか」という情報くらいだけです。

どんな施設で脱毛ができるのか?1度やったら永遠に生えてこないのか?やっぱり痛いの?人にみられるの恥ずかしいんじゃないの?

これらについて、次回書いてみようと思います。

それでは。