突然ですが、歯医者さんが苦手な人は多いんじゃないかと思います。

わたしもニガテで、できる事なら行きたくない。

歯科医の先生に「お、虫歯があるね。削りましょう」

なんて言われたらと思うと、行くのをためらいます。

うおお、歯医者さん
ニガテ〜!

そんな私が

『虫歯治療を極力へらす方法』

を書きたいと思います。

しろうとの書くことなので、

どうぞ参考程度にお聞きください。

『歯医者さんで虫歯治療を極力へらす方法』

これは、15年くらい前に行き始めた

「わたしのかかりつけ歯医者さん」で学んだ事です。

1 歯みがきは、小さくていねいに

A 歯みがき粉の量

歯みがきって、ブラシの上に歯みがきペーストを、

たっぷり多くつけてしまいがち。

以前みたテレビでマツコデラックスさんも

たっぷりつけるのが好きだと言っていました。

でも、歯みがき粉は、大人なら、

ブラシの半分くらい(!)。

小学校の子供なら、子供歯ぶらしの半分から3分の2くらいでいいらしい

ちなみに私のかかりつけ歯科の先生は、

ブラシの先にちょこっと

(たぶん、つめの半分以下)でOKと言います。

歯ブラシ
こんなに、たくさんいらないんだって

確かに、歯みがき粉が多いと、すぐ口の中があわあわになって

すぐ歯みがき終了したくなるんですよね。

それじゃ、十分すみずみまで磨けない。

奥歯のほっぺた側の側面もみがかなきゃいけないのに、

短い時間だとなかなかそこまでみがかない。

なので、

歯みがきペーストは、

大人ならブラシ半分までに(^^)

B 歯みがきの動きは小さく振動させる

以前、歯医者さんのロビーで、

患者さんのお母さんと先生が話していたのですが、、

お母さん:

「うちの子、音ががしがしいうくらいしっかりみがくのに、どうしてこう、虫歯できるんでしょうねえ」

歯科医の先生:

「お母さん、がしがし音がするようにみがいたらいかんのですよ。ブラシを歯に当てて、小さく振動するようにうごかすんです。それが一番」

お母さん:

「ほんとに? 私も気をつけますわ」

というわけで、ご存知のかたも多いように、歯ブラシの動きは

『歯をブラシにあてて、ちいさく振動させる』

あと、奥歯までみがきましょう←私のこと

2 歯間を清潔にするのは、
歯ブラシと同じくらいたいせつだ

歯間を清潔にするアイテムといえば、

歯間ブラシやフロス

『糸・金属系の細いブラシ・ゴム製のブラシ』

で、食べかすを引っ張り出し、きれいにします。

糸は、フロスと呼ばれ、

ドラッグストアで見かけます。

フロス
フロスです
ミント味とかも糸についています

が、私、

これを使うのがすごくニガテです(><)。

糸なので、歯間に入りやすいですし、

お安めなので本当に良いのです。

が、使う時、口を横にぐっと開いて使うのが、

私、本当にへたなんですよねえ。

私のように不器用、

あるいは、口がそこまで大きくない人は、

フロスにがてなのではないかと思います。

また、顎に悪そうな動きですので、

「顎関節症」の人はちょっと心配ではと、

個人的に思っております。

※ただ、歯間が狭い人には向いていると聞きますし、

詰め物があるところは、

フロスは良いともきくので、メリットは大だと思います。

お次は、

歯間ブラシ

歯間ブラシは、テレビの宣伝でもご覧になるかた多いのではないでしょうか。

歯の間をぐりぐりするスティックです。

さて、歯間ブラシ、私の大好き(言い方が変だけど)な、

歯間ブラシはこちら。

歯間ブラシ

この歯間ブラシは、アマゾンで買ったものですが、

ゴムの痛さが優しめ

そのわりに、すぐグニっと折れたりしないので、ナイス!

(強度はある程度必要)

「歯磨きは、歯間ブラシ + 歯ぶらし 」で完了 

この言葉、

歯科医の先生のブログやHPで見かけます。

この2つのアイテムがあれば

虫歯予防がかなり遂行されるそうです。

ぜひとも、

歯ブラシだけでなく、

歯間のブラシや フロスも併用してみましょう。

3 いい予防歯科をみつけること

さて、歯みがきわかったら、こんどは 自分にあった歯医者さん探しです

歯医者さんが言っていたのですが、

歯医者さんは基本外科なので、

基本、削る傾向にある人も多いらしい

ほんと?

私の行きつけ歯医者さんは

究極の『予防歯科』

ちょっと大げさだけど、かなりの程度で予防歯科。

究極というのは、

たとえば痛いっていっても、そうそう簡単に削ってくれない。

「次回までにまだ痛かったら、削ることも考えましょうかね」

こんな感じです

もちろん、レントゲン見て、しっかり確認して、

必要となったら削ってくれます。

ですがその先生、

『歯は削った時から、その歯は劣化するんや』

が、口癖。

で、初めて来院した人の治療(虫歯治療)がおわると、

お次は、こんこんと歯のみがき方レクチャー。

歯医者
恥ずかしい
レクチャー
先生
「みんな聞いてるから
恥ずかしいんですけど。」

りっぱな大人だろうが、小学生だろうが

一番基本的・簡単なところからレクチャー

(大のおとなが、歯みがきの仕方を一から教わるなんて、

とても恥ずかしいですけどね)

あとは、食べちゃダメなものとか

(アメちゃんはダメらしい。。まじ?)

歯磨きがいいと、とにかくほめまくられるので、

自然と大人もこどもも、歯みがきにいそしむ。

この医院は新しい医院でないためか、

治療室は個別に別れておらず、他人様のはなしはまる聞こえ。

プライバシーはないかな? 

先生の声もやたら大きい(^^)。

でも、いつも満員。

きれいで最新なら良いってものでもないのかもしれません。

ほんと、歯医者さん探しはむずかしい。

今、歯科はたいへん多いですし、

ネットの口コミを参考にして行く人は多いかもしれません。

でも

「行ってみたら違った、がっくり」

という事はままあります。

ほんと歯医者選びは難しいですね←私です。

猫
歯が出ている
歯が痛い
歯がいたいニャ!

歯医者さんは、基本外科

という言葉はあんがいあたっているのかもしれない、

と私自身は思います

引越しした時、いくつか新しいところへかかったのですが

「今すぐ削りましょう」

が本当に多いです。

もちろん削らないといけない時は削らないといけません。

その先生方がいけないわけじゃないです。

私には合わなかっただけでしょう。

(今は、実家へいくついでに、その昔馴染みの予防歯科に行っております^^)

そんなわけで

もし、歯医者さんさがしでまよったら、

予防歯科を全面に打ち出しているところにいくのもありではないでしょうか?

いい歯医者さがし、永遠の課題かもしれません。

おおげさじゃなく、わたしはそんな風におもっています。

きょうも  読んでいただきありがとうございます。