弱視は、メガネやコンタクトレンズで矯正しても、視力が上がらない眼の状態をいいます。今回は両目弱視ではなく、片方のみの弱視について書きます。

結論からいうと、片方弱視は、発見が遅くなりがちです。

どうしてかというと、もう片方で見えているため、視力に問題があることが表面化しにくいのです。

しかし、この弱視も3歳までに見つけることができると、治療(矯正メガネ)をかけるなどして、直すことが可能。

なので、弱視かどうかは、

とにかく早く見つけること

が、なにをおいても大切です。

日本眼科協会〜弱視について

こちらをご覧になると、弱視の説明が専門的に書かれているので、

ぜひ気になる方はご覧になってみてくださいね。

子供はメガネが
たいていキライ
でも、これが大切だから
かっこいいの買おう

小さいお子さんは、とくに言葉のおそめなお子さんの場合、

見えづらいことを訴えるのがおそくなりがち。

ちょっと見方に引っ掛かりを感じる、

顔の左右を傾けた状態で、物を見る、

なんだか、見づらそうにしてることが多い、

などお子さんの見え方に疑問を思ったお母さんは、

ぜひ、

小児眼科へ連れて行ってあげてください。

ちなみに、お子さんの弱視〜こちらは片方弱視ではありませんが、

タレントのくわばたりえさん、インリンさんも

ブログで、お子さんの弱視について書いてらっしゃいます。

実際にお子さんの弱視と向き合った、お母さんの視点で

書いてらっしゃり、

お子さんが弱視の方に役立つ内容が、書かれています。

そちらも、ご覧になると、大変わかりやすいと思います。

弱視につよい
小児眼科で検査してもらい、
なにかあれば大きい病院へ

弱視のばあい、きちんと弱視専門のセクションで

きちんと検査する必要があります。

弱視の専門の先生がいるかどうか調べて診察してくださいね。

※ 顔を左右にかたむけてというのは下のような

感じで、いつもものを見ている状態です

いつもこの状態で
ものを見る傾向があったら
注意しよう

ちなみに、片方弱視は、遺伝するんじゃないかと

個人的に思っています。

私の母も片方弱視。

私と私の妹の1人も片方弱視。

私の娘の1人も片方弱視。

身内で片方弱視の人がいたら、ちょっと気をつけて見てください

何もなければ、それに越したことはないから、

子供さんの眼について気をつけてあげてください。

もし、片方弱視の発見が遅くても、

とりあえず矯正メガネをつくり、即効治療しましょう〜。

うちは、こんなに上の世代に片方弱視がいるにも関わらず、

私は娘の片方弱視に気づくのが遅れて、

治療が始まったのは、11才でした。

片方が弱視(強い遠視)だけど、

今20代、かなり治ってきたと思います。

今も、メガネはいりますが、コンタクトレンズでもいいし、

矯正の効果はあったと思います。

実は、片方弱視って、そこまで生活に困らないんですよね。

私個人や、親、妹などをみてもそう思います。

私は、近くは右眼でみて、遠くを左眼でみているんだけど

(すごい変だって言われるけど、本人は大丈夫よ)

ずっとこれなので、今や違和感はないです。

(子供の時、ドッジボールをよく顔で受けていたのは

多分両目でつくる「遠近感があまりなかったから」、だと思います^^;)

ちゃんと、目にあったメガネを作れば、

生活ができるので(一応私の周りはそう)、

もし、お子さんが片方弱視でも絶望しないでください。

できるだけ年が小さいうちに、

あるいは気づいたら、すぐに、

弱視専門眼科へ行って、矯正を始めましょう。

今日も読んでいただきありがとうございます。