帯状疱疹ってご存知ですか? 子供の頃にかかった水ぼうそうウィルスが、大人になっても神経節に潜み、免疫力が落ちた時など、ふいにウィルスが活動を開始し、それが『帯状疱疹』という病気として発症します。

帯状疱疹って、一旦なると、ほんとうに厄介なもので、

1 まず、帯状疱疹が治るまでの過程がとても痛くて、つらい

2 発症する場所によって、帯状疱疹の水泡が消失した後も、その場所付近の神経痛になる(帯状疱疹後神経症)。

3 顔の部分の帯状疱疹は、耳や目の感覚器の神経を傷つけると、視力低下・難聴の後遺症をもたらすことがある

1〜3をざっと見ただけでも、帯状疱疹って、かかるととても厄介な病気。

痛い
つらい

こどもの時に、水ぼうそうになった後、ウィルスが体内に潜伏します。

その間、水ぼうそうウィルスにさらされることがあると、新たに免疫が強化されるそうです。

たとえば、保育士さんや幼稚園の先生たちには、帯状疱疹が少ないことは良くしられていました。

こどもたちに触れ合うことが
水ぼうそうの免疫を強化する

私たちは、50才をすぎると、水ぼうそうの免疫がグッと下がると言われています。

水ぼうそうワクチンは、低下した水ぼうそうウィルスへの免疫を増加するのに役立ち、

帯状疱疹対策に効果的だと言われています。

50歳をすぎたら、深刻な帯状疱疹を予防するために、『水ぼうそうワクチン』を接種することが、現在厚生労働省から推奨されています

高知県医療センター 帯状疱疹について

予防接種の値段は、6000円くらいと安いとはいえませんが、

のちのち、帯状疱疹の影響を考えると打つ価値はありそうです。

というのは、

実際、私は、身近に帯状疱疹を3人見ていますが、

そのうちの1人(私の父 昨年80才時に罹患)の帯状疱疹は、

本当に辛そうでした(水ぼうそうワクチン無し)。

太もものあたりの帯状疱疹(帯状に水泡ができ、はげしくいたむ)でしたが、

この痛みもさることながら、

そのあとの

帯状疱疹後神経痛がひどかった(><)。

腰痛のような、下半身のビリビリ、ひりひり、深く強い痛みに耐えるのは

そうとう、つらそう。

さいわい、近所の『ペイン・クリニック』で効果のある注射を

うってもらい、やっと落ち着きました。

しかし、痛みの場所によっては、効果が期待できない時もあるそうです。

ということは、ならないのが一番!

なので、アラフィフ世代 50才以上は、水ぼうそうワクチンをうつとよいとされています。

うちの近くの皮膚科でも、「50才以上に水ぼうそうワクチン」が推奨されています。

ただ、効果があるものには、副作用があるもの。

水ぼうそうワクチンにも少ないながら、ワクチンには効果がある一方、副作用もあります。

また、急性骨髄性白血病など水ぼうそうワクチン接種を推奨されていない場合もあるので、注意する必要があります。

帯状疱疹の総合サイト

こちらのHPは、帯状疱疹について詳しく説明しているので、

興味がある方はごらんください。

私もアラフィフ なので、水ぼうそうワクチンをうってきました。

ちなみに、私のまわりの帯状疱疹経験者は、

夫(50歳のとき)休日のない2〜3ヶ月を忙しく働いていた時、おでこに強い痛みを伴う発疹。そのまま、帯状疱疹へ。目や耳への神経への影響を心配される場所でしたが、早い処置のため(服薬、点滴など)、後遺症なくすむ。

娘(11才の時)。今思えば、あれは帯状疱疹でした。右の背中でしたが、幸い非常に軽くすみましたが、子供でも帯状疱疹になるということですね(><)。

あまり疲れないことが大切だと聞いたことがあります。明らかに夫は働きすぎな状態で、体に負担があったと思われます。

すみませんが、
もう、寝ます

出来るだけ体をいたわり、帯状疱疹をさけたいものです。

今日も読んでいただきありがとうございました。