中学生も、やる気スイッチは、近い目標で実現しそうな目標からはじめると達成感を味わえ、これによって、他の科目にたいしてもやる気スイッチが入ったりします(個人差はあるんですが)。

え? 「近い目標ってなに?」

教育論みたいで、偉そうな話になるので、

後日よく考えて書いてみます(^^;)。

さて

中学生だと、行きたいな〜、とおぼろげに思っている

高校が1つ2つないでしょうか?

あまり高校の名前しらなーいって子供もいるので千差万別なんですけど、

ぼんやりくらいなら思っている高校があるかも。もちろんなくてもOK。

で、行きたい高校や、よさげな高校があったら、

ぜひ

高校の学校祭に行くのが、オススメかも

お父さん、お母さんも経験済みだとおもいますが、

高校の学校祭って、たいてい楽しい!

はち
楽しげ
友達といってもいいけど、ここは家族みんなで
楽しんじゃおう

高校の学校祭に行っておもいきり楽しんでくると、

がぜん、行きたい高校のイメージがリアルになって、

「どうやったらあそこに行けるだろうか」とか

「あそこの高校生みたいになりたい」

と子供ながらに考えるようになるようです。

それを大人にいう子と言わない子がいるので、言わなくてもがっかりしないでください。

中学生はなんでも親に言わない年頃だけど、それなりに考えているので。。

school girl 
smile 
uniform

今、高校の学校祭は、大抵6月くらいが多いです。

ぜひいくつかの学校祭楽しんで来られるといいかなと思います。

高校によっては、真面目一本やりの学校祭もあるので、

事前に行きたい高校の学祭が『楽しいかどうか』チェックしておくといいかもしれません。

真面目な学校の学校祭も経験しておくのもいいです。

あとは、高校は、概して偏差値が高ければ高いほど(公立はとくに)、

校則が、どういうわけだか「ゆるい」

校則がきびしい高校へ進学希望の子は、まずいないはず。

犬
考えている
校則がうるさいところは
いやだなあ

おとなだって、就職するのに妙にきびしい条件を突きつけてくるところがあったら(例がへんですが)、そこは避けよう、と思うはずです。

なので、勉強して偏差値高めな学校へいけば、

自由がある(私服で登校とか、先生がうるさくないとか)、

というのは子供にとって魅力的だと思います。

多くの中学生の勉強の目的は、とりあえず高校受験。

でも、高校受験がやる気には繋がらないとおもうので、

なにか明るい未来というか楽しい事を将来にイメージさせるなどで、前向きになるといいんじゃないかと思います。

しかし、それだけじゃ、うまくはいきません。

なので、近いうちにやる気について書いてみたいと思います。

今日も読んでいただきありがとうございます。