さて、台湾旅行の到着翌日(2日目)の昼過ぎ、小籠包を食べようと台北101へ

台北101は、有名な台北の高層ビル。

taipei 101
台北101
真昼間
台北101
夜のライトアップ
きれいだわ!

そのなかに、小籠包で有名な店「鼎泰豐(デンタイフォン)」があります。

鼎泰豐(ディンタイフォン)

台北101店以外に、台北市に4店舗くらいあるようです。

どうしても小籠包はここじゃなきゃダメ、

なんてことはなかったけれど、

ガイドブックにもれなく書いてあると

つい行きたくなるじゃないですか?

行きたい行きたい〜

昼もずいぶん過ぎた頃だし

もういいかなっていったけれど

混雑はそんなものじゃあ、なかった。

午後2時半くらいだったので

大丈夫じゃないかと思ったけれど、ほんと甘かった。

一目見るなり

店の前には入店を待って並んでいる長ーい列が。

たとえ、並んでも1時間くらいは待ちそう。

びっくり

他の小籠包の店にいってみようかというには

時間も押していたし、

なにより今回の旅行は短い(正味2日間)だったので、

即座に諦めました。

諦め早過ぎる。。

ちなみに、台北だけに限っていっても

小籠包の店はたくさんあるんですね。

例えば

蘇杭点心店

たとえば、蘇杭点心店というお店は、お値段も高い店ではないが、味は美味しいとのこと。

おお、ここ行ってみたい!

この店も混んでいるのでしょうが

次回行くことがあるならば、ぜひぜひこちらのお店へ行こう。

※ 蘇杭点心店のことを詳しく書いてあるブログや情報サイトを見るとモーレツに行きたくなります。

小籠包
小籠包

さて、

超有名小籠包店、鼎泰豐(デンタイフォン)の混雑ぶりに圧倒されて

われわれ、すごすごと

台北101の地下フードコートへ。

でもねえ、ここも混んでいた(><)。

そりゃそうだ、この日は土曜日の午後だったんですよ〜。もうバカねえ、そのあたりチェックすべきだったな。

そうはいっても、こちとら日本人。

混雑は慣れている。

混んでいるフードコートに席をとって

夫は

滷肉飯(魯肉飯〜ルーロゥファン)をゲット。

魯肉飯は、

豚のバラ肉を細かく刻んで

台湾醤油や酒、砂糖、八角などであじつけした

エキゾチックな

甘辛豚どんという感じに思えました。

美味しかった。

もしかして、

この味日本人は好きかも?

うなぎのタレに似ている感じなので。。。

※ 八角は独特のにおいですが、コンビニまでこの匂いがするので驚きました

魯肉飯
滷肉飯(魯肉飯〜ルーロゥファン)

そして、夫はどういうわけか

スィーツも買ってきた(^0^)!

それが、

マンゴーかき氷

ででーん!大きかった。。

高さがたかい!

2人で食べないと終わらない。

しかし美味しいので食べてしまう。

マンゴーかき氷
アイスモンスター
これは違うお店の
マンゴーかき氷
(アイスモンスター)
イメージ画像です

実際に食べたマンゴーかき氷は、

思慕昔というお店の 

マンゴーかき氷です

ぜひこちらのURLでその大きさをご確認ください

思慕昔とマンゴーかき氷(買ったのはモクセイゼリーのせ)

まだまだ、短い台北滞在の、

初めて食べ物記事は続きます。

今日も読んでいただきありがとうございます。