このサイト・サイト主について

旅行は昔からよく言えば堅実派(つまりただの節約旅行)のアラフィフです。旅行は現実逃避できる格好の機会だと思っています。

でも、一方で楽しい旅の最中には、突然のアクシデントがあってあたふたしたり、急に決断を迫られる事があったり、一筋縄では行かないことが案外あります。

そんな所も含めて旅行が好きです。今までのちょこちょこした旅行や日々のの思い出を書きつつ、アラフィフ主婦の呟きを綴ります。

(基本的に悲観的な人間なので、なるべく明るいことを書いて、逃避したい傾向にあります。明るい事が書いてある時は逃避している時だと思っていただくと良いかと思います)。

写真にコーヒーを選んだのは、私がコーヒー党なので。決してバリスタではないから淹れることは出来ませんが、宜しかったら私のつたないブログを読みつつ、一杯どうぞ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ブログ主 アラフィフ 主婦(イノ子こと meechan 2020)」

家族は4人。同じくアラフィフ夫と、もう20代前半の2卵生双子の娘達。20世紀末から3年半アメリカ西海岸(南の方)に、夫の仕事で滞在。

もともといい加減な性格だった家族だったが、アメリカに3年半いただけで、一層アバウトになってしまう。だらしなさが、ひどくなっただけかも。

とくに子供はひどく、小学校低学年を向こうで過ごしただけなのに、タガが外れたのか分かりませんが、西海岸ぽい?のんびりこの上ない娘達になってしまった。

アメリカでは、あまり頼るあてがない環境にいたからかどうかわかりませんが、じたばたサバイバルな日々でした(ちなみに夫は日本からの会社員ではないです)。

(もちろん会社関係の方々のご苦労は聞き及んでいます。それはそれで大変ですよね)。

何だかんだ気持ち的にきつい日々を送っていたせいか、あちらの生活があまりに鮮明すぎて帰国しても復帰するのに時間がかかりました。

帰国後やみくもに10数年間を奮闘してたら、今や子供は成長して自立しつつあり、現在夫と2人暮らしています。

アメリカでは、生活して行くうちに多くの日本の方々とお会いでき、大変お世話になりました。いまもとても感謝しています。そして、当時一緒にがんばってきた日本の皆さん(家族)との得難い思い出と絆に、今も、とても感謝しているこの頃です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いつか、『帰国家族のすったもんだ話』も書こうと思っています。自分の為にも(^^)。忘れちゃうので。

うちが日本にいなかったのは、3年半位なので、普通に駐在されているご家族と比べると、かなり短いほう。ただ、10才未満くらいの子供にとっては日本の生活が短いので、海外生活が思いのほか強くあとあとまで残ってしまうようです。

うちは、勉強上でとても楽な時期に渡米しました。小学校1年の始まり〜まさに4月〜にアメリカの現地校に行き始め、日本へ帰国し公立小学校4年生2学期に転入です。

難しい高学年でのお子さんに比べると授業はかなりかんたん。お気楽な身分です。

しかし、親も思っても見ませんでしたが、6-10才の期間はそれはそれなりに人格の形成に大きい影響のある時期だったようです。

今だにそれは残っています。子供(娘たちはもう20才半ば)を見ていると、あちらのアイデンティティのかけらを今でもぽろっと見つけます。

海外生活は楽しいばかりではなく、奮闘といえば言葉はいいのですが、低学年でもすったもんだ・泣き笑いがありました。差し引きしたら良かったかなと思います。

 

あちらで3年半過ごし、日本帰国を子供に告げた時、子供たちが帰りたくないと言ってひどく泣いたのを見て、「ああ、この子達はこの生活が嫌いじゃなかったんだ」と思ったくらい、楽しい嬉しいばかりの日々ではありませんでした。

(次の朝、ものの見事に2人のまぶたが腫れていて、悪いが少し笑いました)。

帰国してからも、あんなに日本語補習校に毎週土曜に通ったのに、あんなに日々むこうで漢字も勉強していたのに、日本の小学校では全くダメダメでした。

子供達は日本語の本はあちらでかなり読んだ方だったのですが、帰国してからは日本語学力がとにかく甘かった。

あと、驚いたのは、日本のことを少しは覚えているかと思ったら、帰国時2人ともまるっきり忘れていた事です。

小学校転入ののち、公立中、高校受験(公立高校)・大学受験・大学と、子供たちは次第に日本に慣れていきました。

(地方なので、帰国枠がほとんどない状況です。たぶん今もそうかなと思います。そこまで小さい都市ではないのですが^^;)。

 

英語がちょっとだけ出来るくらいで、ダメな日本語を克服しつつ、同級生と受験を乗り越えるのは、彼らなりに大変だったと思います。まあ母も大変だったんですけどね。。

そんなこんな、子供の迷惑にならない程度に、海外渡米、帰国家族のあれこれを書く予定でいます。 By イノ子

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください