カテゴリー別アーカイブ: サンフランシスコ旅行記(2014)

サンフランシスコ旅行 番外編 ヒッピーの街で『コスパ抜群・古着購入』終

サンフランシスコ旅行 番外編 もこれで終わりとなります。ながくおつきあいいただき、ありがとうございます。

カラフルでわくわく

サンフランシスコの中でとても良かったところ(もちろんガイドブックにも一応載っていますが)を、まだ書いていなかったので、最後に少しだけ!

サンフランシスコに『ハイト アシュベリー』という、カジュアルな街があります。広い世代にも魅力的な、オシャレゾーンです。

写真は、ジャズセンターの
向こう側にあったビルのもの
SFJAZZ Centerは、
モダンなガラス張りの建物です
中では、本格的ジャズライブ


1960年代には、ヒッピーが安い家賃からこの地区に住むようになりました。

今では、洒落た街へ変わっています。

CASH という看板まで
カラフルな店構えに溶け込んでると錯覚するわ

洒落たカフェ、評価の高いレストラン、ジャズセンターそして古着ショップなどが混線一体となった地区になっています。

雑貨がすき(特にヒッピーぽいもの)な方、ここはおもちゃ箱のように楽しくて時間も忘れて店をはしごしてしまうかも。

おもちゃ箱をひっくり返したような賑やかさ
アラフィフも楽しかったよ
サンフランシスコは
肌寒いから熱いコーヒー
プリーズ

疲れたら入りやすそうなカフェもあるし、いい感じのレストランもあります。買い物や観光に疲れたら、コーヒーや軽食を取り、ハイツアシュベリー独特の雰囲気を味わう事ができます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

若者(娘たち)は、古着屋に入って、それぞれ気に入ったものをゲット。1人は、サンフランシスコが思いの外寒かったので、パーカーを買ってすぐきていました。 OBEYとロゴのあったパーカーは、その後もずっと重宝していました、私達中年はミュージックショップで、サイケなポスターを(^^)。

さて、古着のお店はここ。『Crossroads Trading Co.』ハイツアシュベリー店https://crossroadstrading.com

なつかしー。タイダイだわ

古着屋といっても、チープな感じじゃなく、値段はその分安くはないけれど、いいお店。私もうろうろしてました。ほりだし物があるかもしれないですよね。

サンフランシスコに留学中とおぼしき日本の大学生の女の子が、遊びにきていた友達をこの店に案内して入っていきました。

Crossroads Trading Co.は、やっぱり良い店だと思います。

さて、いろいろ周りましたが、サンフランシスコは、街のなかに魅力的なスポットがたくさんあり、5日では到底堪能できるものではありませんでした。

でも、その方が、またいつかいきたいと思うのでいいですね。次のお楽しみがあると思えるのってよくないですか?

長い、『サンフランシスコ旅行記』にお付き合いいただき、ありがとうございました。コンパクトにするといったのに、むしろ長くなってしまいすみません。

やっぱりカリフォルニア大好きだ(^^)

サンフランシスコ旅行記 番外編 食事 「チョイ住み」マーケットに潜入

サンフランシスコの旅行は短めだったので、有名な観光スポットに行くのに精一杯。地元のスーパーマーケット巡りができなかった。私的にとても心残りです。

私の旅行の楽しみの1つ。

それは、旅行で訪ねた土地のスーパーマーケット巡り。

この黒いの何だろう?
えっ、お菓子なの?!
まーじー!

旅行先で、あれこれ見ているのはすごく楽しい。日本でも、各地のスーパーマーケットは地元色が強いから、行くたびワクワク。特に道の駅とか。

地元のスーパーに行って、「コレってなに?」てなる知らない魚とか、見たことがない初めてのお惣菜に遭遇したりして。

わからないけれど、試してみたい未知な味やモノ。そういうの、けっこうありませんか?

カートが大きいからって
中に入っちゃダメ

今思えば、サンフランシスコでも、色々な地元感溢れる普通のスーパーや、サンフランシスコならではのオーガニックなスーパー。いろいろ、行きたかったよ。

サンフランシスコでは、地元スーパーマーケットには行けませんでしたが、有名な『フェリービルディング マーケット』に2度行きました。

『フェリービルディング マーケットプレイス』

https://www.ferrybuildingmarketplace.com/merchants

このURLでフェリービルディングマーケットのホームページに飛べます。ホームページがきれいで、行きたくなる感じ満載です。

この建物の外観は、↓の写真のように時計のついた塔が建っていて、地上にいれば遠くからでもすぐにわかります。

”ここは単なるスーパーマーケットとは言いにくい、かなりおしゃれ空間”

あの「チョイ住みシリーズ」のサンフランシスコ版で具志堅さんや、古川雄輝くんが訪れていたマーケット。具志堅さん、コーヒーや熟成肉買っていましたねえ。

こちら、フェリービルディング
マーケットプレイスの
正面

『フェリービルディング マーケット』は、普段の買い物をするマーケットではなく。

良いものを街中に出向いて行って買いにくるところのようです。

そして、良質な素材だけでなく、すぐ食べられる『美味しいデリやサンドイッチ・コーヒー』も売ってます。これが、観光客には、うれしい。

そこの戸外エリアで、ピアを眺めつつ遅めのブランチも楽しめる(^^)。

(うちは、遅くに行ったので、ブランチじゃなく、おもいきりランチ時間)

ここで一服軽い食事も出来るし、ちょっとしたお土産も買える店もあります。

なので、「あぁ、ただのマーケットだね、じゃあ行くのはやめようか」、と素通りするのはもったいない気がします。

チーズ専門店のイメージ
こんな雰囲気の店が
ズラリ

私たちが、最初に、行った日は、確か、土曜か、日曜だったので激混み。

おまけにちょっと出遅れて、午前11時くらいについたから、ごったがえしていて、コーヒー1杯買うのも大変。

でも、美味しいデリもあるし、港を見ながら食べて楽しかった。ブルーボトルコーヒーもゲットしたし(でもスタバの方が好きだったな・・)。

旅行中は日は選べませんが、できることなら空いている平日に行った方がいいと思いました。

海を見ながら、ピアのカフェからのんびりするのも良い時間。サンフランシスコで、行ってよかった所の1つでした。

サンフランシスコ旅行記(2014) 番外編 食事 『 ステーキ』ステキ

質問です:海外旅行すると、皆さんどんなレストランに行きますか?

① 海外の高級レストランどのくらい行ってますか?

② アメリカの美味しいレストランってどこ?(イノシシ主婦の偏った感想)

③ イノシシ家族が サンフランシスコで 行ったレストラン

マダム オススメは こちらです

① 海外の高級レストランどのくらい行きますか?

ミシュランの星付きレストランに行ってる?!おぉぅ!(注  ブログ主イノシシは 行ったことは、なし。まだ見ぬ世界)

皆さん、そこまでいかなくても、かなり良いレストランだったりするのかも?

は〜るばるきたぜ
フランス〜🎵

確かに 航空券代使ってはるばる異国に来ているのだから、その土地の良いレストランに何軒も行かないのはもったいない。

グルメな人なら、旅行自体の目的が、グルメなレストランに通うためだけ、という人もいそう。そんなエッセイを、昔バブルのころに読んだことがあるわ(遠い目)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私の家族の場合は(今だと私たち夫婦だけ)、旅行中1度くらい、良さげなところに行く程度。

立派なところは、腰が引けて行けないです。だって、行ったら、どうしていいかうろたえるのが目に見えてるから(笑)。

たいていは、ひたすら、ローカルな感じの入りやすい食堂(レストラン?)へ行くか、ファストフード(美味しいハンバーガーとか^^)か、スーパーで買い物をして、アパートホテルで買ってきたお惣菜と簡単な調理で、のんびり&ぐだぐだしながら食べています

(海外へ行っても、染み付いた庶民感覚がぬぐえない。。海外までいって、おさんどんする自分にちょっと呆れる時もあります)。

② アメリカの美味しいレストランってどこ?(イノシシ主婦のかなり偏った感想)

私にとって、アメリカの『いいレストラン』は、どこかと聞かれたら、『ステーキ』店と即座に答えると思います。

以前からなんとなく思っていた事だけど、アメリカではステーキが一番美味しいんじゃないかな?大胆に言い過ぎかしら。数少ない経験とはいえ、そう思っています。

実際、アメリカでの、ステーキ店のレベルは割と高く、あまりはずれがないような気がするの私だけでしょうか。

なんか違ったね・・
うん、店選び間違えちゃったのかなあ・・

たとえば、あなたが、その土地での評価が高いシーフードレストランに入ったとして。でも案外、感想が「???」になることがあるかもしれない。

モチロン、美味しいところもある。でも、イケてるシーフードレストランという触れ込みで、行ってみると「う〜むう〜む」ってなって帰ってくることが多かった。。

お客さん、新鮮な魚ばっちり
仕入れてますぜ
🎶

たぶん『その理由は、私たちがいつも日本で、美味しい新鮮な海産物を日常的に食べているから!!』じゃないかしら?

その土地の人からしたらとても美味しいシーフードでも、海の幸タップリな日本から来てしまうと、「あれっ?ちょっと違わない??」となってしまう可能性が高い気がするんですね。

私個人の印象にすぎないから、超美味しいシーフードレストランあるわよ!って思われる方、すみません。

③ イノシシ家族が サンフランシスコで 行ったレストラン

どこにしようかな
たくさんあり過ぎちゃって
迷うわ!

さてそんなこんなで、私たちがアメリカに行った場合は、一応『ステーキ店』から探しています。

レストラン探しは、まずは、アメリカ版食べろぐともいえる、『Yelp』や『オープンテーブル』を見るところから。日本国内でも、ネットのグルメサイトを活用することは多いから、一緒ですね。いや便利な時代ですよね。1990年代の半ばまでは、ガイドブックと首っぴきだったから。

現地お住まいのブロガー様
ありがとうございます!

それから、必ず現地にお住まいの日本の方の「グルメブログ」を拝見してます。

旅行するたび、その地の美味しいものを紹介してくださる現地ブロガーさんには、今まで本当にお世話になっています。いいお店厳選して紹介してくださってるから、とても参考にしています。

食べ物評価サイトは、YelpやOpen table の他に、「ザガット」などもあって。で、これらの1つを見て参考にしてます。

で、話がステーキに戻ります。去年くらいから、日本でも熟成肉がブームです。

アメリカの評価の良いステーキ店だと、どうやら熟成肉は当たり前のように出されているようです。20年前くらいにアメリカにいた時から、すでにドライエイジングによる熟成肉は、いいステーキハウスなら普通だったらしい。たぶん。。。この頃は実際に行っていないので、なんとも言えずすみません(夫がモートンズに仕事で行ったことがあると後ろで叫んでいます。。自分だけかい!)。

話がそれてすみません、サンフランシスコのレストラン選びに戻ります。

うまうま、ステーキ!

Yelpで見ると、ステーキハウスがたくさん出て来ます。有名な「モートンズ ステーキハウス」「ルース クリス ステーキハウス」はやはりサンフランシスコにあります。

どうしようか」家族各々、悩み迷う。結構まじで真剣にみな悩う。イノシシ家族は、美味しいものはなかなかお目にかからないので、行くときは真剣ダ!

まずは、気になる店を上から順にと電話。「リーンリーン♪」

しかし、あいにくその日は金曜で、いきなりその日の夕方に電話していたから、どこも空いていない。段取り悪すぎね。土壇場になって行こうと決めたのでこんなになってしまった。

何軒も断られて、やっと予約が取れたのは、「アルフレッズ ステーキハウス」。どうやら定番中の定番らしいです。HPを見ると、老舗感が半端ない。立派な様子に、かなりびびります。

それでもって、グルメサイトの、「オープンテーブル」を見ると高い評価と低い評価が見事にまっぷたつ。ええ?どういうこと?高そうな店だし、失敗したら目も当てられない。う〜〜んう〜ん?

結局、アルフレッズ、行きました。みな、空腹マックスで、あとは、まともな外食ここだけだったので。。ここは「アルフレッズ」に賭けました。たのむぜ(誰に?)

アルフレッズには
バイオリニストは
いません

「アルフレッズ ステーキハウス」は、いわゆる老舗ステーキハウスで日本の駐在の方もよく使われるらしい。そんな高級そうなとこ、行ってもいいのか。ちょっとばかりびびりながら、タクシーでご来店。

『アルフレッズ ステーキハウス』

公式HP http://alfredssteakhouse.com

住所 659 Merchant Street San Francisco, CA, 94111
PH. 415-781-7058

着いて入店して見ると、おぉ、これまた、重厚感のある内装。老舗感が強いという、ネットの感想は本当です。赤と黒を基調にした、落ち着いた照明の雰囲気の店内。店の両側は、ずらりとレトロなボックス席。サーブするウェイターさんはみな立派で感じがいい。

さてと、注文はよく考えて、あとはちょっとウェイターさんにも聞かないと。

だって、アメリカのステーキ大きいですよ。

みなさん、アメリカの『ニューヨークストリップ』とか『リブアイ』とか、全然平気ですか? 稀に、小ぶりなステーキもあるけれど、たいていは結構大きい。

ていうか、すごく大きい。そして、サイドディッシュがこれまた、がっつりくる。私は、このサイドディッシュの半端ない多さでノックアウトされるので、用心してます。

考えた挙句、私たちの注文は、用心して全員、「フィレ ド ミニョン」。つまり一番小さいサイズ。私たち小心者の家族。

最後にデザートを1つ(笑)頼んだら、テーブル脇で調理してフランベしてました。これ、このお店の名物なのかなと思います。アルフレッズ ステーキハウスで検索すると、よくこのフランベの写真がでてくるので。

アルフレッズ ステーキハウスの前

いや〜、食べた食べた。。美味しかった。「アルフレッズ ステーキハウス」ちょっとでも疑ってごめんよ。美味しいし、ウェイターさんの感じもとても良かった。食べ物って安直だけど、人を幸せにしてくれます。

みなさんが、海外に行かれた時の、食事(レストラン)を選ぶ基準てなんでしょうか?一度だれかに聞いてみたいなと思っています。

サンフランシスコ旅行記(2014) 番外編 食事 パンケーキに ゴー! 

『サンフランシスコは食事が美味しい』

ということは、パンケーキも極上こだわりの美味しさ

サンフランシスコで美味しいパンケーキ、おすすめをサンフランシスコ在住の知り合いに聞いてきました。

ランキングというほどではないそうですが、行きやすいところ、美味しいところをあげてもらいました。

『NO.1 シアーズ ファイン フード Sears Fine Food』

ユニオンスクエアの周辺 というか、パウエルストリート駅しゅう周辺から出発している、有名な『ケーブルカー』が通る道ぞいあたりにあります。街中です。便利そう。

住所 439 Powell Street. San Francisco, CA 94102
Phone: (415)986-0700, Fax: (415)765-0957    

メニューはもちろんパンケーキ!ボリュームたっぷり。便利なところにあるので、アクセスは楽。フレンチトーストも行く価値ありだそう。

『No.2 プラウ Plow 』

住所 1299 18th St. San francisco CA 94107

うーん、地図からすると、ちょっと便利とは言い難いですね。ここにいくのは、観光客としてはどうなの?友よ。

2010年にできたまだあたらしい店だそうですが、朝食を食べる為に結構並ぶとのこと。40-50分くらいならぶそうですよ。日本並み。

みんな根性があるわ。アラフィフ としては尊敬するばかりよ。でもそれだけの価値があるらしいです

メニューのURL 👇

https://www.eatatplow.com/menus

『No.3 ザジ Zazie

住所 941 Cole Street San Francisco, CA 94117 

お洒落ゾーン、ハイツアシュベリー
近くなら 行きやすそう

ここは、ヒッピーの名残あるお洒落ゾーン、「ハイツアシュベリー」の近くじゃないですか。

ハイツアシュベリー(ヘイトアシュベリーともいうらしい)に行くのと絡めて、行ってもいいかも!

メニューのURL。みるだけでうっとり👇

https://www.zaziesf.com/brunch-menu.html

ホットケーキミックスで
パンケーキ
作っちゃおうか

このラインナップを聞いたのは、私たちが日本に帰国してからでした。私たちが行ったのは、IHOPです(^^)。

そう、朝食を食べに私たちが行ったのは、全米各地にある、『IHOP』(あいほっぷ、と読む)。

きっと知っている人は、ひねりなさすぎ。。と思ったはずだわ。

そう、すごーく庶民的なパンケーキ屋で、パンケーキ屋のファミレス?みたいなお店。

いわゆる世の中の女の子達が大好きなかわいいパンケーキ屋、ではないと思う。

でも行きたかったんですね(笑)。なんでかな

サンフランシスコで行ったIHOPは、フィッシャーマンズワーフに近いトレーダジョーズ近くのIHOP。ちなみに、夫はギリギリまで行くのを抵抗していました。いいじゃないのよ。

IHOPはとてもアメリカーンな感じで、それに行きたかったのよ、女たちは(妻と娘ら)。。

IHOPで私たちが頼んだパンケーキ
むちゃくちゃ甘い
でも慣れれば美味しい、この甘さ
ちょっとぱさっとしていたら、

ためらわず、ドバッとメープルシロップを投入よ

ちなみに、IHOPのツィッターです。https://twitter.com/ihop

アメリカのファミレスは、よくある事ですが、日本とかなり違います。ファミレスも、その土地ならではの特徴があります。

例えば、デニーズを例にとってみると、日本国内なら、日本風のとんかつ御膳などがありますね。あれと同じような感じで、例えば南カリフォルニアなら、メニューに、たくさんのメキシコ料理(ブリトーとか)があります。

今度もしアメリカでパンケーキを食べる(朝ごはんを食べに行く)ことがあれば、上にあげたパンケーキ店に行ってみたいワ。もちろんIHOPでも良いけどね(^^)。

サンフランシスコ旅行記(2014) -7 飲みまくり家族、監獄島へ行くの巻!

サンフランシスコ旅行記読んでいただきありがとうございます。

今回の記事で終わりです。この旅行は、うちの家族としては、じたばたが若干少ない安全な旅行でした。よかったです。何もないのが1番ですよね。最終日は、『監獄島に行くの巻』です。えっ、どこの監獄かって?それは、サンフランシスコを知っている方なら簡単に思いつく、あの島の監獄です。

そう、それは『アルカトラズ監獄島』です→

そこへフェリーで行きます。

まずは、アルカトラズ行きのチケットが当日売り切れていると困るので、ネットで予約。乗船する時刻を選びます。

9:30の乗船でした。

ネットで購入

当日チケットを買う人たちの列がズラリとなっているのを見てギョッ。思いのほか混んでいて、ネットのアドバイス通りあらかじめ買っておいて良かったです。

さあ、フェリーに乗り込みます。乗り込む前に、列に並んでいると順々にアルカトラズ島の看板を背にカメラマンが、次々みんなを写真撮影。「帰りに購入」、というあの撮影です(^^)。こういうのはどこもありますねえ。

アルカトラズ島が見えて来ましたよ
あの島です

フェリーにのって、アルカトラズ島へ。短い乗船時間で到着です

アルカトラズの冊子


監獄島についてからは、日本語スピーカー(ヘッドホン)を借りながら、見学です。

以前、北海道の網走刑務所も見学したことがありますが、どちらも、共通しているのは「孤独」なんです。

厳しい環境はもちろんですが、写真のとおり無味乾燥、人間性のない環境です。本当に、孤独感が半端ない。

アルカトラズ刑務所の一室
冷え冷えとしています

一度入った囚人は過酷な環境から、絶望にさいなまれたはず。島が刑務所というのは、閉鎖感が倍増するのではないかと思います。

そう寒そう!
サンフランシスコは風がつよいし
島だし。

中には本当になにもないです→何もない分、ずしんとした重みと暗さ・孤独が、あの島と刑務所にはあったと思います。

そういえば、映画にもアルカトラズ島からの脱出というのがありましたね。私はまだ見たことがないのですが、アルカトラズ島からサンフランシスコを見ると、確かにそれほど遠くはないんです。

島からサンフランシスコの岸までは
そこまで距離がないけど

看守の目をかいくぐって、泳いでサンフランシスコ側へ逃げようと考える囚人もいたようです。でも、初めて見た私たちからでもわかるように、アルカトラズ島とサンフランシスコの間の海は波が荒く、海水も低く、サメもいるとか。

なので、最後まで泳ぎつけたかというと、難しかっただろうと思います。実際逃げ果せた囚人はほとんどいないとか。唯一の脱獄をモデルにした、『アルカトラズからの脱出』という映画を見たいと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これで終わってしまうと本当に暗いので、気分をがらりと変えて、お酒(ワイン)で話をしめようと思います。刑務所の話題はやはり暗くなりますね。

『ナパバレーには、有名なワイントレインがあるんです(^^)!

こんな感じの古い外装(もちろんメンテナンスされていて)で
中は豪華な内装!
ランチタイムとディナータイムにわかれていて、
ナパの中心駅から北を3時間かけ、往復。
美味しい食事と一面の美しいワイナリーを望めるそうです。いいなあ!

豪華な食事を取りながら風景を楽しむ。

飲める人が
羨ましい
そんな私は下戸

時速30キロでゆっくりすすみ、まわり一帯のワイン畑を楽しみつつ、ゆったりと、美味しい食事やワインを楽しみます。良いですね。お腹も心も満たされること間違いなしでしょう。

https://www.winetrain.com/

こちらが、公式の ナパ ワイントレインのURLです

日本語旅行会社のサイトで私はみてしまうんですけど、ANAや H.I.S.、JTBなどなど、日本の旅行会社もこのツアーを扱っているようです。サイトを見ているだけでリッチな気分に!

いらっしゃった方、いらしたらいつか教えてください(^^)!

サンフランシスコ(2014)-6 健康的な家族から、飲みまくり家族に?!

前日、1日中、自転車旅行でとても健康的な家族だったのに、次の日には、いっきょに『飲みまくり家族』になった我が家。落差がはげしすぎ。今回は、バスツアーで、サンフランシスコ近郊のワイナリーへ行きます。サンフランシスコ近郊のワイナリーといえば、多くの方がご存知のナパ・ソノマワイナリーがあります。

ここには、大変多くの有名ワイナリーが存在。多くのワイナリーは、観光客向けにワインテイスティングのコーナーを設け、客はワインをその場で購入できます。また、デリ(これが美味しい)を売っている店もあり、その店の戸外でピクニックもできる楽しいところです。

ちょっと、ワインそのものから話がずれますが、オススメを1つ。ナパで、ワイナリーでワインを買い、デリも売っているところがあって、ピクニックエリアも隣にあるので、とても良いんです。

デリが買え、ピクニックもできるワイナリーはこちら(ナパのセントヘレナにあります)『V Sattui Winery』

こちらのワイナリーは、有名なモンダビ・ワイナリーや、オーパスワンを北上した同じ道路沿いに位置しています。

https://www.vsattui.com/

『V Sattui Winery』は、あまりに人気があって昼時は、すごく混みます。もし行かれる時は、お昼時間を少しずらして行かれるといいと思います。戸外のピクニックスペースに座ってゆっくりしたいですよね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて、うちの家族は、私以外みな、アルコールはOK!

私は飲めない訳じゃないのですが、今はほとんど自分からは飲まなくなり、弱くなりました

(父親はかなり飲めるのに、母が梅酒のゼリーで酔うので、そちらの遺伝を引きついだのかも)。

ここサンフランシスコに来たら、『ナパバレー』(カリフォルニアワインの名産地)へ行こうと思う人も多いです。うちも、みな大賛成。私も飲めないけれど、楽しいところだからOK。

行く事に決まると、ウキウキしながら、夫はホテルのデスクで、ナパワイナリー巡り日帰りバスツアーに申し込み。どうしてツアーかというと、運転など考えず気楽にワインが飲めるからですと!

ワイナリーツアーガイドさんはもう少し年齢がいった人。
ナパに向けて、フリーウェイを突っ走る〜

時間になって、ホテルから案内されてツアーのマイクロバスへ。カナダから来ていたフランス系カナダ人の引退された夫婦と、私たち家族だけ。

カナダのご夫婦は、とても感じのいい方達でした。でも、今でも、海外の人と密室だと緊張するブログ主です(成長しないですねえ><)。

さあ、出発。夫とカナダ人のご主人が同じ業種ということもわかり、次第に話もはずみ? こののち、ワインが入って結構打ち解けたかも。お酒のちからって偉大。。(お酒は適度に飲みましょう!)

ガイドの男性(ポールー仮名)は、明るく楽しい人。運転しながら、どんどんみんなに話を振ってきます。バスの中は、彼のおかげで和気あいあいとなってきた。

ポールの 隣りの助手席に座った娘は、「彼が超ハイパーで疲れた」と言っていました。

これは、 イマジナリー エステイト ワイナリーにいった写真

ツアーガイドの彼は、あまりメジャーなワイナリーでなく、素人があまり行かないところをいろいろ巡ります。

なので、ワインの詳しい人にも楽しかったらしいです。うちはそこまで詳しくないので、言われるまま、ただついて行っただけ(^^)。

このぶどうが、来年以降ワインとして出荷されていくのかな。
きれいなぶどう、行った時が10月始めだったから結構熟してた?


2つくらいワイナリーを巡ったところで、ツアーコンダクターさんが用意してくれたサンドイッチの昼食をワイナリーの庭で食べます。美味しかった。自然の中で食べるのは気分がいいものです。

さて、どんどん、新しいワイナリーに行ったりしていると、メンバー皆んな酔っぱらいはじめました。

試飲といっても、ワイナリーの人は、割となみなみグラスに注いでくれ、皆ついつい飲んでしまう。全部飲む必要はないのですが、いきおいでしょうか、うちの家族も、カナダの夫婦も、つい飲みほしてしまってます。。

ワインを貯蔵している蔵ツアー
よこにある円柱形の樽にワインが
入っています

あちこち、ガイドさんの知り合いワイナリーに行き、5軒目ワイナリーのころには、当然ながら、みんなすっかり、できあがっていました。

これもテイスティングした
ワインかな?

それにしても、みんな飲みだすと、試飲の最中も、口もなめらかになるもんですね。

皆んなうんちく語ります。

「これ、ここがいいね。美味しいね」などと言っていると、

ワイナリーの人が「じゃあ、今度はこれを試してみて。ちょっと違うフレイバーよ」となり、いよいよ酒量が増えます。

飲めないワタシも、ちょっとづつ飲んでいて。美味しかった。私も少しなら味がわかるんです(^^)。

そのうち完全に、みんな酔っ払った状態に。カナダのご主人と、夫は「ノーモア ワイン、ビアプリーズ」とわけのわからない事を口走っていました。酔っ払い集団です。さあそろそろ帰る時間。

途中、ちょっとナパの中心にあるモールによって、コーヒーのんでトイレ休憩したら、サンフランシスコへ。

途中ゴールデンゲートブリッジ(昨日奮闘しまくった、いえ、ヒーヒー言ったところ)近くのビューポイントで記念撮影。

あとでここで撮った写真をみると、記念撮影のみんな、顔がゆるみまくり(#^^#)でした。皆ホニャホニャという顔で写っていて。ハハ、アルコールは心を開く鍵なのかしら。

さあ、お家へ帰ろう

1日のワイナリーツアー楽しかったです。ガイドさんに連れて言ってもらって本当に良かった(^^)。ポール(仮名)、ありがとう。

後記:ホテルに戻ると、うちの酔っ払いの家族3人は、ベッドに直行していました。それからしばらく起きてこなかったです(苦笑)。まさに、バタンキュー。

ナパ・ソノマバレー、ワインもとても良かったけれど、同時に一面の葡萄畑がきれいでした。心洗われる景色とでもいいましょうか。とてもすてきなところでした。

サンフランシスコ旅行(2014)-5  涙のゴールデンゲートブリッジ

サンフランシスコですること・・『自転車』、と書いたら「なに、それ?」と思った人も多いのでは?そうです、私たち、サンフランシスコでレンタルサイクルして、ゴールデンゲートブリッジを渡り、あちらの街に行きました (>0<)!何年か前に、夫がこちらに仕事できて、空いた時間にゴールデンゲートブリッジを自転車で走ったことがあるんです。「スゴく良いよ!楽しいよ!」とアピールされて私たちも今回行くことに。

普通、ここは車で通るところですよね
どうして自転車で走ることになったのか
ゴく風が強いので自転車は大変でした

今回の、レンタサイクルでゴールデンゲートブリッジ編は

①レンタサイクルで、自分に合う自転車を借ります。②レンタサイクルでひた走り、ゴールデンゲートブリッジを渡り、向こう側の街サウサリートへ渡ります。③サウサリートを満喫。④サウサリートから、サンフランシスコのピア39へ戻る

ルートは、以下の通りです。。あー、書いていて疲れてきたような。

『ピア39あたりのレンタルバイクショップ発→サンフランシスコの海岸沿いを走る→ゴールデンゲートブリッジの前の緑地公園を突っ切る→ゴールデンゲートブリッジをとにかく走る(橋長いよ〜;o;〜!)→ステキ街サウサリートへ到着。

少々、わかりずらいので、地図を載せてみますね。青い線の部分が、自転車のルートです。

レンタル自転車屋から、ゴールデンゲートブリッジの緑地公園あたりは平坦だし、割と楽勝です。ただ、橋に向かって、上りの坂道が延々と続くと少しつらくなってきます。

しかしそこを踏ん張ると、ついにあの、真っ赤な「ゴールデンゲートブリッジ」(あれ、赤いのになぜにゴールデン)。

そこから、下は海、ながいブリッジを自転車で走ります。驚いたのは、あんがい自転車で渡る人が多かったこと。

また、徒歩でわたって楽しむ人も多く、以前1度車で走った時には気づかなかったことでした。

笑顔で走れるなんて
スゴイ

サンフランシスコの人は(西海岸)の人は、本当に健康にアンテナを張っているんだなあ、と思うほど、皆、自転車(スポーツバイク)で軽々走って行きます。

シェイプアップされたかっこいい人たちばかり。私以外の家族はわりとスイスイ走っていたけれど、アラフィフ の私には風が、なかなか手強かった。。

でも、せっかくの機会だから、橋の上から、サンフランシスコをみないといけませんね。一息ついて、対岸の街なみの景色を満喫(^^)。とても、きれいでしたよ。

「行くかいはある」、確かにそうかも。遠くには、あのアルカトラズ島も見え、海はキレイです。サンフランシスコに住んでいる人が、ほんと羨ましくなりました(⬅︎いや、不動産高いです)!

対岸につくと、そこはおしゃれな街。サウサリートというらしく、こじんまりしていますが、お洒落なレストラン、セレクトショップが街のいたるところにあります。

サウサリートの街にたどり着くには、すこし、自転車で15分弱登ったり降り立ちしなくてはいけません。というのも、サウサリートは、丘陵地にあるからです。頑張ってサウサリートに到着すると、まずは自転車を停めるところを探します。ある程度自転車置き場があるので、お金を払い、自転車を停めてやっと一息です。

私にはこんな風に
助けてくれる人はいないわ。
でも、私もこの女性みたいに
素敵じゃないワ

私もちょっと勘違いしていたのですが、ゴールデンゲートブリッジを渡ったらすぐに街には到着しません。

なので、もし行かれる方は、橋を降りてからの上り下りを頑張って(道が若干悪いです)ください。

さてさて、帰りのフェリー(帰りはフェリーで^^)の時間を確認しときましょう!帰られなくなると困るから。

私たちはこのフェリーに乗りました。https://www.blueandgoldfleet.com/ferry/sausalito/

BULE&GOLD FEET この会社のフェリーにみんな、自転車ごと乗ります。

さて出発時間を確認したら、サンフランシスコ名物のサワードゥパンをくり抜いたクラムチャウダーを食べにgo! ⬆︎うえの写真、海に突き出たピアのようなところにレストランがあります。 他にも、サウサリートは美味しいシーフードレストランがあるようです。

レストランは The Spinnaker http://www.spinnakersasausalito.us/home  

このレストランの写真ではありません。。
イメージと思っていただければ。
空腹であっという間に、食べ始めたので
写真が一枚もないです。

皆は、ビールで乾杯!ワタシはジンジャーエール(私はアルコールダメです。人生損していますね)。美味しかった、クラムチャウダー。アメリカで海産物料理はあまり期待しないけれど、美味しかった!幸せでゴンス。

フェリーでかえりバイクショップへ。じつは、自転車を返却する時刻ギリギリ。そうしたら、周りの自転車のっている人たちもみんな同じ地区で借りていたようで、みな一同同じ方向へ必死に走りました(^0^)。

前を走っている人が、道をよく知っている様子。狭い道をくねくね曲がりながら、スピードを落とさず走る走る!

しかも気をつけるところは気をつける。できたお人でした

「本当にこの道?」と一抹の不安を抱えながら、先導の彼を信じ、ひたすらついて行ったら時間にバッチリ間に合った!

前の先導お兄ちゃん、本当にありがとうです。あなたなしじゃ、間に合わなかったです。

これが、涙のゴールデンゲートブリッジ自転車旅行の顛末です(涙と着くのは、アラフィフ には、なかなか辛かったので。日頃の運動不足をひしひし感じた)。帰ったら運動だ!

ちなみに、ここのバイク屋さんでも、背の低い (153cm)わたしは、子供用バイクを借りました(^^)。間違いなしヨ!

サンフランシスコ旅行(2014)-3 食べて飲んで運動して

サンフランシスコ滞在の始まりです。正味4日なので、無駄のないように楽しまなくちゃ。

サンフランシスコで、楽しみたいこと。

ケーブルカーにも乗りたいの

①街を知る。②サンフランシスコならではの、美味しいものを食べる。③ナパかソノマのワイナリー巡り。④アルカトラズに行く!⑤ゴールデンゲートブリッジを渡る。⑥古着屋に行く(若い人の強い要望)⑦ミュージカルを観る

さあ、どれだけできるか?

①の街を知る、ということで、歩く、電車、バスなどがあり。街をしるのは、4日街をくまなく回ったらわかるのではないかということで、とりあえず、したいことリストの1番下になりました。

さあ、まずは②からかな。おなかがすいたよ(^^)。とりあえず、食べなくっちゃね。それはどこ?

それは、ピア14とピア1の間にある大きなビルディング、その名もフェリービルディングです。サンフランシスコの誇る美味しいものマーケットが集合した建物。ここに行かずとしてどこに行く。

スタバだけじゃなく、サード ウェイブ コーヒーも
飲みたいの
フェリービルディング
マーケットプレイス

「肉!肉!」と騒ぐ家族をしりめに、コーヒー党の私は、密かに、そこにある 『peet’s coffee』と、『bule bottle coffee』に興味津々。

決まったら、早速行こう。そして、フェリービルディングに遅いけど、美味しい朝食を取りに行こう!

ホテル間近のパウエル(Powell St.)駅から地下鉄(red)にのり、エンバーカデロ駅( Embercadero)降車。駅を出たら、マーケットストリートをまっすぐ10分も経たないうちに前方に人々が集まっているところがあります。そこが、「フェリービルディング」です。ビルディングの前ではマーケットが。いやが応でも期待が高まります。

さんばしまで
しゃれおつ(死語ね)

中に入るととにかく猛烈にすてきな店がならんでいます。ここは、アメリカ?と思うほどおしゃれ。

『チョイ住みシリーズサンフランシスコ』を見た人なら、だよね、とおもうでしょう。

チーズ専門店・新鮮な魚 肉の専門店・洗練された惣菜店。オンパレードです。お腹すいてきたでしょ?

https://www.ferrybuildingmarketplace.com/

こちらをクリックすると、フェリービルディングマーケットのHPに飛びます。とくとごらんあれ。

まさに『食のワンダーランド!』ですね。ああ、サンフランシスコに住んでいる人が羨ましい。近辺だって良い(まあ、サンフランシスコ周辺の不動産は全米でもとても高いので有名だそうです)。。

美味しそうないちご。
でも、実はアメリカのいちごは日本のものに比べると
かなり酸っぱいです。あと、大味というべきかな。
在米の日本の方は、アメリカにいる日本人の農園から買ったりしています。

我々はというと、若者(娘達)について行って、ブルーボトルコーヒーでコーヒーとパストラミどっさりなサンドイッチをどこかで調達し、

戸外で爽やかな日差しのもと港や、アルカトラズに行く船を見ながら朝食を食べました(以前、30年後のハワイ編で出てきた子供達は、もう大人になっています)

美味しいものはまだまだありますが、 例えば『ギラデリ』のチョコレートとか、サンフランシスコのレストランとか。また 続き書きます。

もし、サンフランシスコに行くことがあったら、フェリービルディングも行って見てくださいね。相当楽しいと思います。