世の中これだけキャッシュレス化すると、クレジットカードなどの被害数も増えていきます。今日はそんな話を

クレジットカードを使っていると、

クレジットカードの不正利用の被害にあうようになります。

実際、私は1回経験しています。

どんな、被害かと言うと、

自分のクレジットカードのスキミング被害。

ただ、

不必要に心配しすぎることはありません。

まず、クレジットカードには

盗難保険が今ほとんど付帯しています(^^)。

あと、

現在IC チップといわれる金色の四角のチップに情報が入るようになり

セキュリティは、ぐんとアップ

クレジットカード
クレジットカード左上
金色の四角の部分
これがICチップ

でも、クレジットカードの被害はいまだあるので、

要注意。

そうそう、

さきほど言った

スキミングとは、

クレジットカードについている磁気テープに入っている情報を

不正に記録し(ムカッ!)

犬
なんだと!

全く同じ情報をもったクレジットカードを作成。

そしてそれを不正使用して

本来の持ち主に金額請求させるものです(!)

なんだとお〜!

はじめて

クレジットカードの不正利用(スキミング)の被害にあったのは

およそ10年前。

その月はお中元などでクレジットカードを使ったので、

クレカ会社からおくられてくる

明細書をなにげなくチェックしていました。

とすると、

見覚えのない支払いが。

あらこれはなに?

それは

私が

ドーハで40万円くらいの航空券を買ったという記録

ええっと、ドーハ?

私ドーハ行ったかな?

しかも 40万円も?

ていうか、

ドーハってどこでしたか?!

(お住いの方、カタールの方すみません。地理に疎いので、すぐ出てこず、この後しばらくドーハとドバイで混乱していました)

ドーハ
ドーハは
W杯
次期大会地 カタールの首都です
覚えましょうね、私

ドーハって言ったら

日本のサッカーで有名な

カタール ドーハでの 

ドーハの悲劇しか知らないの!

※ 私の世代だと、ドーハはそれなんです

そう、

そのクレジットカードは

どこかでスキミングされ

ドーハで 不正使用されていたのでした。

なぜドーハなのか?

すぐにクレジットカード会社(クレジットカード裏に電話番号ついています)に電話して、

事情をはなし、すぐクレジットカードを破棄。

新しいクレジットカードを送ってもらう手筈になりました。

※ 今だと 警察に届ける必要があります

事なきをえて本当によかったのですが、

このような不正利用はしばしば起きている模様。

そんな時、必ず補償してくれれば安心ですが

ときによっては、補償してくれない場合も(@@)。

1例 三井住友カードのクレジットカード補償について

みなさんお互いに気をつけましょう。

なかなか気が抜けませんね(;;)。

そうそう、

個人的にまずアナログながらおすすめなのは、

紙かネットで、

毎月の

クレジットカードの支払い明細書を細かくチェックする

パソコン
パソコンで
明細書チェック
ポスト
紙で送られてきた
明細書を細かくチェック

これを放置しておくと、

他人がこっそり使ったお金を

自分が払うことになりかねない。

ぜったいそれはイヤ〜!

明細書をチェックしましょう

私も。

でも今ってネットショッピングの時代だし、

なんでもデジタル化で

将来、本当にキャッシュレスになりそうなんですよね。

大丈夫かな。

今日も読んでいただきありがとうございます。