昨今の事件などからドライブレコーダーを自分の車に装備する人が増えたそうですね。

私の車も

「あおられるのは経験ないけど、

一応つけておいた方がいい」

という事で先日ドライブレコーダーを付けました。

ドライブレコーダーの良いところは、

事故、事件などで証拠がないと、

泣き寝入りなることがある。

⭕️ドライブレコーダー(ドラレコ)があれば

かなりの確率で証拠を残すことができる。

今のドラレコの性能は高く、

運転席から前方・後方の映像を広角度で録画できる。

車内の会話などクリアに録音できる。

証拠が必要なときのために

記録を残すことができる。

世の中進んでるなあと

感心したのですが、

ハッと気がつきました。

車内の会話をクリアに録音できるということは、

私が運転しながら

ラジオやCDに合わせ

調子っぱずれに

歌いまくってるところが

ばっちり残る

ということですね?

がびちょ〜ん。

運転中は
目を開けて歌っています

たとえば

事件が会ったときを想像(もちろん、ないことが一番!)

警察:じゃあドライブレコーダーをチェックします。

ドラレコ再生:

再生中、ひたすら私の大音量の歌声が音痴気味に鳴りひびき、とつぜん私のギャア〜という声で終わる。

警察:これは。。(失笑)。

少しは使えますが

ちょっと証拠としては不十分ですね。

私:がーん。

と、いらぬ想像をしてしまい、

それ以来、

車内で歌うのはやめました。

それにしても、

ドライブレコーダーを

みなさんどのように使っているのか。

Youtubeで検索してみたら、

あるわあるわ、

ドライブレコーダーの動画が多数。

見てみると、

自動車免許更新の時にときおり見る

車の悲惨な事故映像

が見事に

アップされていました。

ドラレコの録画力は半端ない。

ドライブレコーダーをつける人が多いのも

大いにうなづける。

ところで

私は動画を見た後、

私:車の運転こわい。。

運転したくない。

こ、この映像は!
怖すぎる

結果、

少し車に乗るのが減少。

夫には、

これじゃ、

ドライブレコーダーつけた意味が

まったくなし。

と呆れられ。

いや、

だって長年運転して

さいわい

大きな事故がなにもなかったから良かったけれど

車の事故は悲惨。

Youtubeのドラレコの映像で

あらためてそれを思い出しました。

Youtubeのドラレコ動画、

本当にリアルです。

これはある意味

ホラー映画見るよりずっとずっとリアルで怖い。

運転中は
気をひきしめるよ

運転好きだけど、

気をつけたいと

あらためて思っています。

これもドライブレコーダーのおかげでしょうか。

今日も読んでいただきありがとうございます。