旅行・エンタメ・帰国家族・ミーハーアラフィフ

露出男に遭遇〜女子高生(JK)時代

2020/06/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

私も一応オンナの子だった時代があるので痴漢にあったことが何度もあります。きょうはそんな話の一つ

あれは、私が高校2年の春〜。

私は高校に地下鉄通学していたのですが、その日は早く帰る日。

あまり混んでいない地下鉄の構内が

お昼ともあって人っ子一人いない状況。

ラッキー!

混んでる電車乗っているだけで疲れるから

空いてるとほんとラク。

若くても

女子高生にも、満員電車通学はつらい。

浮かれて構内を歩いていた私が

いつものように自転車で帰ろうと

改札口も通って

地上に上がる階段を登り始めたその時。

地下鉄 階段

誰かが

私の後頭部の髪を

グイッと後ろに引っ張り

わたしの体はもろとも後ろに倒された。

え??

なに??

おんな
髪
後ろ髪を根元から
ぐわしって感じで
引っ張られたから
転んだわ
(私の髪はもう少し長かったかな)

あまり突然だったので

ぶったまげて

ぽかんと地下鉄の構内にすわった状態の

私の前に見えたのは

若いオトコ!

う〜ん、

年はたぶん20才代前半だったかな。

カジュアルな服装で。

そのオトコが

必死でズボンと下着を脱ごうとしてた

はぁ?

ここで?

どうしてズボンをここで脱ぐの?

(驚きすぎて、ことの大きさにおどろいてない私)

いや、

このオトコ、

露出狂にきまってるわ

露出男って、いますよね。

もう1回、友達と歩いている時に

遭遇したことがあります。

で、この時の

私はというと

あんまり驚いて

ぽっかーんとその男を凝視してた。

この男、何してるのかなってマジで思ったから

じ〜っと見てたわけです←バカね

見つめる
この人はだれ?
てか、こんなところで
ズボン下ろすって
なにしてんの?

もちろん、

それまで

痴漢になんどもあっていたから

痴漢でそこまで驚きはしない。

いえ慣れたりしませんが。

過去、電車の中で

痴漢にもなんどもあってたし

映画館とか(映画館は多かった!)

さまざまなタイプの痴漢には遭遇してたけれど

この露出タイプは初めてだったから

とにかく、びっくりしちゃって

じっとガン見。

その時のこと、何十年たってもものすごくリアルに覚えてます。

ほんと衝撃的な出来事で。

で、

そうしたら、

その若いオトコは

たぶん とっても焦ってたんだと思うけど、

どうしても

ズボンとパンツ(下着)が降りない

ブブブ(笑)

露出したくても焦ってできなかったんでしょう。

彼は、

時間がかかりすぎた、マズイ

とおもったのか、

ズボンを上げて

やおら、

階段をダダって駆け上がり逃げてきました

逃げる
おとこ

やっと我にかえった私は、

駅の改札口奥にいる駅員さんに、

すみませ〜ん!

いま、ここで痴漢にあいました!

外に出たいけど、出口の自転車置き場のあたりに

そのオトコがいるといやだから行けないですっ!!

と、

やっと 声がでて叫んだのでした。

※ 痴漢にあったら声をあげろという人もいるけれど、あまりにも驚いたりおののくと、声はでません。以前、家の近くで放火があった時の火を見た時も、声が出なかった。

で、

痴漢というか、その露出狂の若いオトコに話を戻すと

駅員さん2人がダッと出てきて、

痴漢か!大丈夫か?

って感じで

あとは、私が「痴漢が上にいるかもしれないから外にいけない」と言ったので、その駅員さんが私と出口を上がって、

私が自転車乗って帰るまで見張っていてくれた。

駅員さんいわく、あっちに走ってく若いジーパンの男がいるから、あんたはこっちから帰り!と言ってくれて助かりました。

痴漢?
わたしたちも、
お断り!

その後

2度と同じ目にあいたくなかったので、対策を考えて。

ちょっと離れているけれど、

大きい駅を使用することに。

だって、ほら、

あの露出狂も

人がいないから出てきた可能性が高かった

私はこの時、直接的な被害は受けなかったし、確かに相当驚いたけれど、実際に露出を見たわけではなかったからまだよかったと思う。

でも、実際に本当に露出男にモロに見せられた人もいると思います。

ほんと露出狂とか痴漢とか、ダメージが大きいから、絶対あいたくないですね!(たいてい何度か皆痴漢とかあっていますが。私も)。

痴漢は 電車の中であうものと思っていたけれど、

地下鉄の構内の、

死角にあたるようなところにもいる、そういうことがわかった出来事でした。

とにかく、

人通りがすくなく

死角になるようなところは

女性(いや、男性も。強盗にあうかもしれないし!)は

気をつけましょう。

昔の私みたいな露出男にあわないためにも。

人目のあるところ

人目のある時間帯

痴漢お断り!

無防備にならずに自分を守りたいですね(おばさんには痴漢はないかもしれないが)

痴漢話って、みないくつもあると思うけど、

私もあれこれあるし

今もあるし。

勘弁してほしいですよね。

今日も読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

Comment

  1. 零号 より:

    痴漢て。。。本当に頭がどうかしています。。。
    怖くてどこにも行きたくなくなりませんか??絶対やだー!!
    アメリカにも居ました??日本だけじゃないですよね、絶対。

  2. イノ子 より:

    痴漢って、若い頃はよくあったというか、そのうち映画館とか「また痴漢だ」となったりしていたのですが、露出男は2回だけです。とくに引き倒されて露出されそうになったのはこの時だけ。本当びっくりですよね。
    女からするとどうして痴漢したいのかはわからない。もちろん女性側にもそういう痴漢的な行為をする人もいるのでしょうが、少なそうです。
    そうそう、この時の駅員さんは、「春になると変なのがでてくるから気をつけてな〜」と言ってました。
    アメリカはどうなんだろう、痴漢はいると思うけれど女性が抗議する率が日本より高いのかも。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妄想じたばた日記 , 2019 All Rights Reserved.