旅行・エンタメ・帰国家族・ミーハーアラフィフ

アラフィフ、たち止まる時。アラフィフ 、たち上がる時

2019/02/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

こんにちは、アラフィフ 主婦イノシシです。この名前そろそろ変えたくなって来たので、今日から、暫定的にイノ子にしてみます。よろしくお願いします。

さて私ことイノ子は、近年、なにかもう一度勉強した方がいいのかな、と思い始めました。私は、ほそぼそと日本語教師をしているのですが、ちょっといきづまっています。需要がないわけではないんですけど。。もちろん、やりがいもあるんですが。

1 アラフィフ  自分の生き方にとまどいが出てくる

このとびらの向こうには
何があるの?

ほら、人って、なにか今を変えたいって思う時ありませんか?

ちがう扉をひらいたら、ちがう世界が待っているかもしれませんよね?

あたらしい世界をのぞいて見たいけれど、正直私の年齢だとギリギリか、あるいは、はっきり言って遅いのが現実

実際、去年私は、新しい環境に飛び込もうと、ちょっとした学校の入試を受けたんです。でも、落ちてしまいました。

ず〜〜ん。

テスト勉強も
したんだけどね

不合格の理由は、ずばり年齢です。

アラフィフでは、やっぱり学校系は無理でした。

無駄な挑戦はしたくなかったので、かなり調べた上で受けたのですが。だめでしたね。

資格系じゃないので、大丈夫かなと思ったのですが、年齢を甘くみていたんです。反省。

落ちちゃったヨ!

それにしても、おとなのくせして、落ちる、不合格というのは、へこみます。

我ながらおとなげないなあ〜とあきれつつ、半年くらい引きずってました。

2 アラフィフ  立ち止まって一度自分の生き方をかんがえる時がきた

落ち込んでいても、時間はもう無駄にはできません。今から、なにかしないといけない。だって、あきらかに記憶力はどんどん下がっているし。何かを始めるなら「すねてる場合じゃない、今やらなきゃどんどん遅れるよ」です。

こんな事を考えるようになったのは、たぶん50才をむかえてからでしょう。

お気楽にも、私は自分をそこまで年寄りじゃないし〜と思ってたんですよ?

ほんとお気楽すぎ。

いい歳しているじぶんの年齢を、ほんとのいみで自覚してなかったんです

例えば、年代を1つの山の山頂にたとえたら、

私が50才になって、50代の山頂にぴょんと立った時、そこからは見えたものは?

はるか向こうにあるはずの老後が、近くに見えてました!

ヤッホー、
見えたのは何?
老後よ!

「えっ、私って、もう若くない」

アタリマエです!

実父84才・母77才。あんなに元気だった親たちもパワーは落ち、年には勝てなくなってきました。

人はいつか老いる、という当たり前の事を、ここ何年か、つよく感じるようになってきました。同年代でそう思う人、いらっしゃるんじゃないかな。

いま私は、一度立ち止まって、これからどうしたいのか、ここで考えなきゃいけない、と感じています

これまで走り続けてきた日々

ここで速度を落とし、自分の今後を考えてみる必要がありそうです

考えなきゃいけないよ!

普段から先を見てる人は、ずっと前から考えているかもしれませんね。

皆さんはどうなのかなあ。これを読んだかた、ぜひ教えて欲しいです。

3 アラフィフ  今後にむきあう!

さあ、思い立ったら、すぐやらないと時間はどんどんすぎて行く。きっと今頑張ったら、あとであの時やっておいて良かったと思えるかもしれない。

時間は
知らないうちに
過ぎてしまう!

20年後(生きていたら)あの時は若かった。あれをしておけば良かったと思うかもしれない。

人はいつも
昔は若かったと言ってしまいがちよね

そう、いつまで人生があるかわからないけど、もしも長生きしたときに、

「ああ〜、50才ごろの自分は若かった。どうしてあの時何もしなかったんだろう」

って、後悔なんかしたくない。

そう、それで、とりあえず単純な私は、なにをしたかって?

そう・・・・・・

それは・・・・・・・・

それは

運動・筋トレ(下半身強化)

スクワットよ!
家でできるの
お手軽

えっ・・?どう言う事?

さっき学ぶとか記憶力とか言ってたけど、全然ちがう方向の話してるじゃん??

そうなんです

でも、考えるところあって、手始めにちょっとした運動をすることにしました

じつは、年をとると、下半身の筋肉不足・骨のもろさで 怪我することが ほんとに多いです。

うちの家族の高齢者を見ても、いかに下半身の筋肉が大切かわかります。

筋肉不足や骨粗鬆症で、あしもとがふらふらして、すごく危ない。

そして、たびたび転んだり、ひどいと骨折。入院、手術。

実際うちでは、去年義母が、室内で転倒し圧迫骨折で入院・手術しました。そうなると、その後の生活がかなり制限されてしまいます。心もふさぎ込んでしまいます

ええっ、救急車!手術?!そんな!

でも、年をとってからの筋トレは、たいてい、どこかを痛めて続かない。正直、ストレッチするのが精いっぱいです。

だからせめて、今50才から始めようと考えました。

自分の事はまず自分で守らなきゃ!

と言う事で

私は、昨年夏から家でもできる『スクワット チャレンジ』を始めました

スクワットは、ジムに行かなくても思い立ったらすぐできるから、まずこれにチャレンジしよう と思ったのです。

いきなりジムに入るのは、ハードルが高かったんですよね。

「それでどうなったの?」

『筋トレすると、体だけじゃなく、心の持ちようまで変わるらしいですよ?』

ほんとです。

筋トレで有名な『テストステロン』さんの著作には、数々の筋トレと心の関係が書かれています。アラフィフ おばさんの心にもしみるステキな本がたくさん!

すごい肉体改造なんて、夢にもおもっていないし、もともと女性にムキムキなんてそうあり得る話でもないそうです

私は、将来の為に筋肉をつけたい、これは、自分の将来を考えた時、健康の土台で、とてもたいせつな事なんじゃないか、と思っています。

ここまでなれるわけもないけど
一応理想モデルとして貼っておきましょう!

さあ、アラフィフ のみなさん、私と一緒に、少しずつ筋トレして、あたらしい人生の扉ひらいてみませんか?(ちょっと大げさ?)。わたしも頑張ります!

でも、時々サボってます。。マズイ〜

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

Comment

  1. 年齢で学校に落ちるなんて聞いたことないです。
    実際、還暦過ぎた人も入学してきます。
    やはり、日本とアメリカの違いなんでしょうかね(>_<)
    下半身強化、さすがです。筋力需要ですからね~(^.^)
    アラフィフの友人もいますが、立ち仕事をしている人はみんなタフです(^^)/
    私も鍛えたいと思います(*^^)v

  2. イノ子 (meechan2020) より:

    私の住んでいる日本国内の地方都市だと、学校によっては年齢でノーということもあるかもしれません。
    もちろん、還暦過ぎの人が入学するところも地元にあります(^^)。
    でも、そこは入りたいところではなかったんです。今となっては切り替えています。
    下半身強化はとても大切だと、最近はひしひし感じます。年をとるといやでも減るので、
    筋肉をつけられる時に増やし、老後に向けて、筋肉貯金をしようと思います。
    でも、最近サボりぎみなので、がんばります
    コメントありがとうございます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妄想じたばた日記 , 2019 All Rights Reserved.