暑い日が続いています。お互い熱中症気をつけましょうね。水分とるだけじゃなく、塩分などもお忘れなく!

先日、知り合いのひとが、午前中日の照るところで仕事中、体調がわるくなりました。

ラインで、

お腹がタプタプする、

というほど水を飲んだけど良くならない、

とメッセージがきたのですが、

その後連絡がなく

心配のラインを送りまくっていました。

ラインを送ってきた相手は、

実は

体調がかなりわるくなり

昼中ぐったりしていたそうなのです。

(病院に行けと思った私)

午前の仕事後、涼しいところで休み、

それから塩飴をなめ、

ようやく症状が落ち着いたのは、

夜も近い夕方過ぎだったそうです。

さて、

今日本中が暑い!

沖縄本州(九州、四国)はもちろん、

北海道までが暑いんですね。

驚きです。

熱中症対策をどうするべきか。

まず、

水分をとることが大切ですが

その前に大切なことがあります。

1 寝不足にならない

2 食事(栄養)をとる

1の寝不足は

暑くない時でもよくありませんが、

特に暑い時には

熱中症になりやすい原因なんですって!

熱中症を避けるため

寝ましょう〜!

可能な限り

エアコンを快適温度でつけて。

エアコン代金が高いと思ったら、

家族一部屋で集まって寝て、

その部屋だけを

エアコンつければ、

この夏のエアコン代金はぐっと減りますネ^^

あつ〜い!
昨日は寝たよ!

2 食事をとる=栄養をとる。

体力がない小さい子やお年寄りが

熱中症に弱いのは知られています。

元気な年齢層でも、

食事が取れておらず、

体力が落ちてしまうことがあります。

かりに熱中症になった時は、

体力があるなしが

非常に大切になるので

(生還できるかどうか@@)、

栄養はつけておくことが大切。

今の時期はダイエットなど

おやすみしよう。

朝ごはんに、

塩分と糖分を含んだ食事と言うことで、

梅おにぎりや昆布おにぎり、そして味噌汁

はおすすめだそうです。

こいつが命綱か!
コンビニでも買えるね

夏のあさから、

こんな重めの食事はしたくないと思いますが、

これ、結構効くらしい。

3 塩あめ、麦茶、ポカリスエットなどの飲料水をこまめにとる(経口補給水も)

定番の、ポカリスエット系の飲料水です。

塩あめに麦茶もいいとのことです。

よく言われていますが、

のどが渇いたなと思ったら、

それはすでに遅い。

喉が渇いていなくても、

ちびちび塩や糖分、糖分、レモンなど酸っぱい成分の入った

いわゆるポカリスエット系飲料水を飲みましょう。

汗がひどかったら

経口補給水を飲むのも大切。

(所ジョージさんが宣伝してるあれ)

ぐびぐび!

熱中症の症状は

初期は、

1猛烈な汗がでる

2急に寒さを感じる。風邪の時のような悪寒を感じることも。

だんだん進行してくると

3汗が急に止まってしまう。

4頭痛、吐き気がしてくる

頭がいたい。。。
吐き気がする。。

このあたり、

かなりあぶない。

5意識不明

頭痛吐き気の時には

病院に行きましょう。

迷わず ゴー!

あまりに汗が出て、

脱水になると

人は、

吐き気が出てきます。

※ 子供が嘔吐し過ぎで脱水になると、

吐き気をもよおしてきます。

そうなると、

余計水分をとれないことがあります。

こんな時も、迷わず、病院で点滴です。

患者が点滴してくれというのははばかられますが、

しかし、

これは大切なことです。

さて、

熱中症の話にもどりますと、

頭痛吐き気の時は、

急をようすることが多いので救急車もありかと。

そして、

病院で手当をうけましょう。

体が体温調節の機能を失いかけているので

病院で手当、大切。

迷ってちゃいけないわ

そのまえに、

できることなら

直射日光のあたるところ、

暑い状態がつづく(きぐるみみたいな;;)

そんな状況を可能な限り

さけときましょう。

そして、

帽子。日傘。ポカリ系飲料。

塩あめ。適度な休息。

この夏 乗り切りましょう(うのきろり)。

のりきろう、今年の夏!

今日も読んでいただきありがとうございます