旅行・エンタメ・帰国家族・ミーハーアラフィフ

更年期〜大人の女性はお年頃・ホルモンってやっかいなもの1

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

私 イノ子は、アラフィフど真ん中。更年期の真っ最中にいます。更年期ってどんなものでしょうか。

アラフィフ女性なら、まるで更年期に縁がない人は少ないはずですね。

実際、私の周りでも、更年期の症状がある人は多くて、

久しぶりに会って話すと、

「最近調子が今ひとつで〜」

という話になります。

ねえねえ、最近どう?
もう最近だるくて〜
わかるわ〜

ホットフラッシュ、動悸、イライラ、だるさ。。

なんだか、とてもあいまいで、

そして、人によってまちまちな症状だったりするのが、

更年期障害のややこやしいところ。

まず、

更年期の状態の代表的は何だろう

と改めて、インターネットで調べてみました。

頭痛、めまい、耳鳴り、鬱、不眠、のぼせ(ホットフラッシュ)、皮膚粘膜の乾燥〜ドライアイ、ドライマウス、動悸、食欲不振、吐き気、肩こり、関節痛、腰痛、などなど

自分もその時期真っ只中だけど、

本当にあれこれ心当たりがあって、

まあおどろき!

私の場合はというと、

ドライアイ

目が疲れる(これは昔からかも)

耳鳴り

疲れやすくなった(年をとったから?)など。

更年期障害は、

閉経の前後10年だというけれど、

たしかに40才台半ばすぎから

若い頃のように、

ちょっと寝不足でも、気合いでいくわ!

なんて事は絶対に無理になりました(^^;)。

十分寝たのに
だるさが取れないニャ
ねむ〜

しだいに、

ちっちゃい体のトラブル

(ドライアイとか、耳鳴りとか)が出てきて、

そのつど病院に行ったり。

病院も1ヶ所だけでなく、何ヶ所かドクターショッピングも。

でも、(幸い)病気ではなく、先生には

しばらく様子をみましょう〜

と、毎度言われて、とぼとぼ帰ってきた。

※ 今から考えると、何もないのは『本当』に良いことなんだけど、当時は、病院へ行っても、いろいろな体の不調の理由がわからなくてヘコんでいました。

ドクターショッピングも
したわ
でも、何が不調か
わからなかったの

ある時、

自分でもこれはおかしいんじゃないか、と思うことが。。

4年くらい前の夏、家族旅行している時のこと。

旅行にいくわ

私は、観光地先で、私1人と、家族が行き違いになってうまく連絡がとれないことがありました。

困りながらも、

とりあえず喫茶店で家族をまっていたら、

1時間くらいして、

のこりの家族が、

ニコニコして待ち合わせの喫茶店にやってきた。

家族3人(夫と娘2人〜大人です)は、美味しいものがいっぱいなマーケットに行き楽しかったとニコニコ。

あそこは、ああで、こうだった、と写真を見せてくれながら話をして。

それまでの私だったら

というか、普通の人なら、

「お〜、そりゃ良かったね〜」、ってなるはずなのに、

その時、私の口から出てきたのは、家族3人を一方的に責めまくる言葉

どうしてだか、怒りがどうしても止められない。

怒って怒って、旅行先で怒るという、

せっかくの旅行を台無しにする言葉が

どんどんでてくる。。

ねえ、なんでそんなことをいうんだ?

なんでそんなに責められなくちゃいけないんだ?

旅先で行き違いで

ちょっと数時間違う行動をしたことが

どうして、そんなに怒ることになるんだ。。

家族みんなの目はそう言っていた。

2〜3時間して、私はようやく我にかえったのですが

自分が到底まともじゃなかった

ってわかった。

ああ、どうしちゃった、私!

なんだって、旅行先で怒ったりするんだ?

なんだって、我を忘れて、あんな道の真ん中で怒ったりしたの?

楽しい旅行が台無しにするなんて

どうしてそんなことするんだ?

みんな、何も悪いことをしたわけじゃない。

どうして、ああまで我を忘れるほどに怒ったんだ?

へこみまくり。。

とりかえしが
つかないことを
してしまった

ああ、バカなわたし。

その後、

旅行から帰り、

ゆっくり考えて、

ふと、思いついたのでした。

もしかしたら、わたし、更年期じゃないか?

わたし、更年期
なのかも?

それまで、

一番更年期で典型的な

「ホットフラッシュ」がなかったり、

「不眠」がなかったりしたから、

自分で更年期の可能性を排除していたけれど、

この突発的な精神的不安定さ

(突然怒りがこみ上げる〜><)

絶対おかしすぎる。

(自分の性格が悪くなった、と思わないところが能天気というか厚かましい^^;)

で、

ネットで調べて、

婦人科を主にやっているクリニックに行ってみました。

それが、4年前の秋。

予約を入れて、電車に乗って、

さあやってきたぞ、婦人科クリニック。

※ 産科がメインのクリニックだと、婦人科部門があまり充実というか重きを置かれていないことがあるようです。

うちの近くは、とても若いファミリーが多いので、

主に産婦人科は産科メイン。

なので婦人科メインのところを探していきました。

大した話でもありませんが、

長くなるのもなんなので、2つに分けます。

ほんとうに、

ホルモンってやっかいですね。

思春期のときは、

あふれ出る、

ホルモンにほんろうされて、

精神的にもカラダ的にも落ち着かなくて

反抗期になる子や、ニキビで悩む若者の青春があり。

やっとホルモンが落ち着いて

20~40才台を過ごしたら、

今度は、

減っていくホルモンのために、

体も心もバランスがうまく取れなくて、

すっかり大人なのに、

みっともなく、ぐらぐら(><)。

やれやれです。

明日につづきます。

今日も読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

Comment

  1. 零号 より:

    続きが気になる!!
    私も産婦人科ではなくて婦人科に通っているのです。

    精密検査の結果、ホルモンがきちんと出ているので更年期ではないと言われたのですけど
    一体、この不調はホルモン不調以外の何者なのだ~!!
    と思っているのでとってもとっても続きが気になります!

    お医者さん回るのお気持ち本当に分かります。さっぱりすっきりしたいですよね。

  2. イノ子 より:

    コメントありがとうございます。私自身、耳鳴りやドライアイ、ほかにもあれこれあったのですが、ホルモン値は薬を服用するような値じゃなかったんですよね。でも、更年期ははじまっていたのかもと思います。何もないのはいいけれど、現状の不調の理由がわからずに日々過ごすのって、困る〜。
    更年期が終わったら、老年期だそうなので、更年期もしょうがないなあと思って過ごす日々、のアラフィフです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妄想じたばた日記 , 2019 All Rights Reserved.