私は、ティーンエイジャーの時、80年代の欧米サブカルチャー(映画・音楽)どっぷりだったので、この映画もとても懐かしく思い出します。

当時日本はバブル経済の最盛期だったので、

海外からも情報・文化・サブカルチャーが

どんどん入ってきます。

当時の10-20代の若者は、

それらをシャワーのように浴びていた感じ。

今更バブル時代を懐かしむというのは、

どうかなと思いますが

怒涛のように、

サブカルチャーが入ってきたときに、

自分が青春だったのはよかったと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夜中にみると
寝られなくなるよね

先日、

深夜にNHKで

「フェリスはある朝突然に」

をやっていてついつい

最後までみてしまいました。

最後までみた自分に呆れながら、

同時に、当時みた内容の記憶とかなりずれていて

これまた自分に呆れた〜。

私は当時何を観ていたんだろう?

この映画、すごく流行りました。

当時の映画の流行は、

売れ始めのティーン若手俳優たち(米国)が

出演する青春映画。

みんな、恋や自我になやむ、

典型的ティーン映画です。

当時の青春映画の
俳優たち
みんなイケメン

例えば、「ブレックファストクラブ」とか「ランブルフィッシュ」「すてきな片思い」

どれも、ティーンエイジャー映画が得意な

ジョン=ヒューズ監督・脚本の映画ばかり。

このストーリーは、

とにかく悩まない

終始明るいコメディタッチで、

とても見やすい映画です。

最後には友達がなやんだりするけれど、

シリアスじゃない。

このあたり、時代を表しているなと思ったり。

みんな明るいんですよね。

ちょっと考えていないともいえるけれど。

主人公フェリスというちょっと要領がよくてかっこいい(マシュー=ブロデリック)高校生の男の子が、真面目な友達や彼女とともに学校をサボるところから映画ははじまります。

あまりにもフェリスが高校をサボるので、

先生からは目をつけられています。

映画の舞台はシカゴ

途中で好き勝手しながら、

なぜか終始調子がいいフェリスは

街のパレードにまでちゃっかり参加し

山車の上でビートルズを熱唱。

ここのシーンはかなり有名じゃないかな。

マシューブロデリックは、

のちにミュージカルでも活躍。

久しぶりにこの映画を見て

今見てもいい映画だったんだと改めて思いました。

監督のジョン=ヒューズに

もっと長生きしていただいて、

製作でもよいから活躍して欲しかったと思います。

今日も読んでいただきありがとうございます