まだ2月ですが、とにかく今年は暖かくなるのがはやい。今年は早めに桜の満開が見られそうですね。うちの近くの公園は、桜の季節になると、まったりのんびり花見の宴会風景が見られます。それを見るにつけ、お酒を飲める人がうらやましいかぎりです。

さて、割と洋楽ロックばかり取り上げる私ですが、J-popも取り上げてみようと思います。

トップバッター!

斎藤正義 「歩いて帰ろう」

この曲って、昔ポンキッキーズでかかっていた曲。と思ったら、コマーシャルでかかったりして時々ひょいひょい聴く機会がありびっくり。公式動画がなかったので、URLだけを貼ります。

「歩いて帰ろう」

懐かしい〜!斎藤さんというと、「歌うたいのバラッド」も有名だけど、私はこれが好きだな。若い頃に、子供抱えて聴いていたからかしら。ひたすら歩いて行けそう。

ハイ、次。

次は、ユニコーン。ユニコーンといったら、「すばらしい日々」などあるけれど、ハードロック好きな私はこれをあげたい。

ユニコーン 「ロック クロック オクロック」

50がらみのおじさん達がまじめにふざけてて、すごく好き。ユニコーンの曲としてズレているけど、でも好きだなあ。やっぱり年をとったら、遊び心って大事かも。

ハイ、最後です。

福耳 「惑星タイマー」

このバンドのこの曲は、同じ事務所に属していた、山崎まさよしや、スキマスイッチ、スガシカオ、杏子、元ちとせで構成されてた曲。この曲2番目の歌詞のリードボーカル・杏子さんの、ハスキーな声がいいんです。というか、このバンド、みんなスペシャルな声を持った人ばっかり。スガシカオ、山崎まさよしとか。ちなみに、私はスキマスイッチが好きです。

福耳 「惑星タイマー」

歌詞は、まあ大人の歌ですね。でも、いい曲。すごくすごくしみる曲です。

ではまた。