SNSをみていたら、今日はクイーンの故ボーカリスト、フレディ=マーキュリーの誕生日なのだそうです。

フレディがなくなったのは、1991年11/24でした。

あれから

もう30年弱経ってるんだなあと

しみじみ。

亡くなったその日

私は、友達の家に遊びに行くため

駅のホームで電車をぼけ〜っと待っていた。

そこに、

ホームのキオスクのスポーツ新聞の一面に

フレディ=マーキュリー死去

という大きな文字が。

ショッキングな

大きな見出しが飛び込んできて

私のアタマ、

真っ白!

ぼうぜんとしながら電車に乗り込み、

友人宅で

フレディが死んじゃったよ!

と騒いだ。

※ ジャニーズファンの友達はフレディのことは全く知らなかった。けれど、取り乱した私が支離滅裂な事をいうのを黙ってウンウンと聞いてくれてた。持つべきは今でいう推しをもつ友達でしょうか。

さて、

今フレディが健在だったら、

73才ですと!

きっと、

他のメンバーと揉めたりしながらも

いい作品を

マイペースに(自己中に^^;)

世に送り出していたんじゃないでしょうか。

※ ぜったい揉めてます、彼のことだし。

クイーンの曲を選ぼうと思ったんだけど

どれが最適か

とても難しい。

いい曲が多いし、

ハッピーバースデー的な曲ってあったかしら?

ないですよねえ。

ここは、

有名なライブエイドの演奏から。

『Radio GaGa』

このパフォーマンスの前の
動きがフレディ〜〜(^^)

この曲って

当時流行ったんでしょうね。

私はあまりこのころのクィーンが好きじゃなかった。

でも、

今聴くと

かなりグッとくる。

当時はすっかりテレビがパワーを持っていて、

映像の時代で。

ラジオはちょっと古臭い。

音だけのラジオじゃ、

魅力がたりないんだ。

でも、

いや

音だけでもいいんだよね。

映像も魅力的だけど、

音だけで人を魅せられたら

それは本当にすてきじゃない?

実際

私は15才の時、

友達のラジカセで

ボヘミアン ラプソディ聴いて

魅了されてしまったし。

つらつらと昔の思い出話で

まったく申し訳ないわ。

なんだかんだで

付かず離れずの距離で

クィーン聴いています。

※ ミーハーな私の事なので、他のも色々聴きますが。

締めは

クイーンで、

一番好きな曲を載せます(^^)。

クイーンでこの曲が一番好きだ〜〜!

『Somebody to Love』

今日も読んでいただきありがとうございます。