旅行・エンタメ・帰国家族・ミーハーアラフィフ

Tina Turner 「プラウドメアリー」ディーバ!!ディーバ!

2019/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

ティナ=ターナーといえば、「アイク&ティナ」というティナが若い時に歌っていた夫婦デュオかなーと思います。

アイクはひどい暴力夫だったそうで、

アイクと別れた1980年代にティナは、

一人で頑張り始めます。

「レッツ ステイ トゥゲザー」「プライベート ダンサー」

でヒットを飛ばし、

スターへ一直線だったかなと思います。

ティナは、アレサ=フランクリンと同じくらい大好き(^0^)。ティナのプラウドメアリー聴いてみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=T2T5_seDNZE

ライブバージョンで、曲が始まるまでが、長いけど。かなりライトが強いから、強い光がまたたくのが嫌いな方は、耳だけで、どうぞ。

私がティナ=ターナーの曲で彼女の持ち歌だと思うのは、やっぱり「プラウドメアリー」。本当はCCRの曲で、男性ロックバンドの曲。

でも、ティナが歌うとティナの曲になっちゃう。ビヨンセも歌っています。彼女のプラウドメアリーもいいな。なんていうかしなやか。若々しくてやっぱりパワフル。

ティナのトリビュートで、ビヨンセが歌ってます

ライブでは、ティナは、まわりのダンサーの若い女性と踊り歌いまくってます。尊敬するわ。きっと筋トレして、ステージに備えてたんでしょうね。おんなのかがみ!

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

Copyright© 妄想じたばた日記 , 2018 All Rights Reserved.