今時の名前、と言っても、時代によって随分違います。昭和の初めと半ば、後半、そして平成、様々な名前は時代を反映していますね。

たとえば、

昭和の初めは時代を表して

勇ましい名前が多いです←とくに男の子

勇、勝、勲、など。

そして、見事なまでに漢字一文字オンパレード。

流行だったのでしょうかね。

昭和初めの女の子は、

和子、幸子、清子など、

わかりやすい漢字に子がついています。

清子さんとか、

昭和初めを舞台にした小説にでてきそうな名前ですねえ!

それでもって、

お清さんとか呼ばれていそうです。

※ 明治安田生命HPより

さて、

以前の投稿で書いたように、

昭和40年代に生まれた私の名前は、

神社でありがた〜くいただいてきたもの。

古式ゆかしい?というか

固い感じの名前です。

当時の名前らしく

終わりに 「子」のある名前。

夫は昔ながらの一文字の漢字の名。

良い名前
待ってまーす!

2018年 新生児のトップ3は、

男の子

1 蓮(れん) 2 湊(みなと)3 大翔(ひろと?)

明治安田生命の2018年(男)より

女の子

1 結月(ゆづき?) 2 結愛(ゆあ) 3 結菜(ゆな)

※ 明治安田生命の2018年(女)より

漢字から、

イメージがぐっと広がります。

甥や姪の名前や、知り合いのお子さんの名前も

かなりしゃれてるというか。

ときどき、

読みが難しいので

ふりがなが欲しい名前もあります。

(いや、とても難しい時もあります。結構悩みます^^;)

華やかな名前
かっこい名前
それはタカラヅカ?

それにしても、

最近の名付けって、

ちょっと、

宝塚の

男役さんや娘役さんの名前風じゃないですか??

(タカラジェンヌの名前は時代を先取り?)

タカラジェンヌの名前づけは、

たぶん

華やかに

記憶に残りやすくなるよう

練りに練ってつけられたもののはず。

かっこいい、

可愛い名前の

究極のようなものかも。

宝塚

華やか系、

かっこいい系の

名まえを探すときには

名付けの本より

いまや、

タカラジェンヌの名前を参考にした方が

最適じゃないか?

華やかなイメージや

かっこいいイメージの

名前候補が

色々ありそう。

一方、

最近では

姓名判断などを参考にしない人も

多いそうです。

たとえば

素敵な名前をつけようとしても

姓名判断の本を読むと

字画が合わないということもある。

なかなか決まらなくて、

もう、

姓名判断はなし!

と、

姓名判断にこだわらない人が増えているかもしれません。

ちなみに、

うちの子供ふたりは、

姓名判断でもらってきた名前ですが

(両家のおババ様たちがもらってきた^^)

娘たちは

ふっる〜〜い!

と、

子供時代はかなり文句を言っていました。

そういえば、

名前について書いてたら

昔を思い出しました。

私が10才くらいの時

親が

「神社でいただいてきた名前の候補がもう1つあった」

それは

『ひとみ 仁美』ちゃ〜ん!

なんてこったい!

その名前がよかった!

なんて当時大騒ぎした覚えがあります。

その方が可愛かったのにい!!

(本人はおいといて^^;)

まあ、懐かしい思い出です。

名前は一生物。

良い名付けができるといいですね!

今日も読んでいただきありがとうございます