今日は台風。西日本は台風が横断しています。なので甲子園もなし。

さて、夏の恒例といえば、

甲子園もあるけれど、

NHKラジオ第1の

子ども科学電話相談

も夏の恒例番組。

かなりのご長寿番組です。

今は、
パソコンで聴けちゃうね

もう

30年以上続いているとか。

私は

熱狂的ファンではないけど、

なんやかんや聴く機会があって

(カーラジオ)

それで好きになったくち。

子供が

相談する科学のテーマは

多岐にわたっていて

天文、物理、動物、昆虫など、

かなりをカバーしています。

他にも
天体などなど

それぞれの専門の先生が

小さいお友達

(ラジオでアナウンサーのお姉さんが

電話口の子供たちをそう言ってます)

とお話。

こどもは、

大人が思いもしない質問をする。

なので、

専門の先生といえど

なかなか大変だろうと思います。

先日は、

絶滅危惧種の

ハシビロコウ(鳥!)

と結婚して

絶滅から救いたい

小さな子供の相談がありましたよ(@@)!

大人からすると

ありえないじゃん?

と思うことを

子供は真面目に考えちゃうようで、

答える先生も大変だ。

先生たちが

たぶん普段使い慣れている、

専門的用語で説明すると

あっというまに

子供(小学中学年くらいまで)は

電話の向こうで

??

となります。

ラジオで聴いていても

専門用語を言われたとたん

分からなくなった

子供たちのとまどいが

手に取れるよう。

だから、

先生たち(学者)は

かなりかみ砕いた言葉で

説明しなくちゃいけない。

そのやりとりが

面白いし、

実際大人が聞いていても、

ナルホド!

と思うこともしばしば。

研究室からでて
子供と話すのって
たいへんね!

例えば、

何年か前

女の子が

植物について質問したことがあって。

それは、

植物に優しい言葉をかけて

水をやったり

いろいろな世話すると

植物は良く育ったり、

きれいな花を咲かせるか?

という質問。

どうやら、

お母さんにそう教えられたらしい。

たいする

先生の答え。

植物は

優しい言葉をかけても

無言でも

悪口を言い続けても!

普通に世話していたら

成長は同じ!

えっ?
お母さん
まちがってるの?

わはは〜!

もし

より良く成長させたかったら

茎をそっとさするなど

刺激があると

よく成長するとのこと。

先生〜

お母さんの面目丸つぶれですよ〜!

でも、

本当のことを、

教えなくちゃね!

それが現実だもの。

科学って面白い。

夏休みこども科学電話相談 面白い回の例

この番組

今は、

鳥と恐竜の先生が一緒になる日は

神回と言われているとか。

鳥担当の先生は、

バード川上 先生

恐竜担当の先生は

ダイナソー小林 先生。

面白いです、確かに。

私は恐竜はわからないけれど、

このお二人の日は

かなり面白いです。

※川上和人先生は、鳥類研究で多くの著作をだしている人。

※恐竜担当の小林快次先生は、

北海道大総合博物館教授で

むかわ竜の発掘にたずさわった人。

この2人の先生が担当する日は

いつも

ラジオで

白熱してます。

先生たち同士も

結構気が合ってるみたいだし。

子ども科学電話相談ファンなら

有名じゃないでしょうか。

※ ちなみに、

この日に電話してくる子供たちが、

半端ない恐竜好き。

どうして
そんなに
知っているのにゃ?

先生がツーといえば

カーと即座に子供が答える。

ハイレベルです。

私は全くついていけません。

※ バード川上&ダイナソー小林対談 ←面白いです

他には

昆虫の

くるび先生

も面白いですよ。

まったりした関西弁で

やわらか〜く

子供に説明するけど、

時に

こどもに容赦ないです

(フフ、いい意味ですよ)。

甲子園が終わると

後期の放送がはじまるので

聴いてみてね。

子ども科学電話相談

今日も読んでいただきありがとうございます。