毎日、真夏日が続いていますね。おまけにお盆に台風が来るとか来ないとか。暑い日々を耐えてお休みがきたから、台風なんて来ないでほしいなあ。でも雨はいるなあ。

さて、先日のねこの話です。

我が家にやってきたネコ1

我が家にやってきたネコ2

で、

ノラネコにまんまと 

うちのガレージに

居つかれたくだりを書きました。

しかし、

そのままそこに いさせる訳にはいかない。

私は

『猫入るべからず対策』

をバッチリ家の四方八方に、

設置してやりました。

ネコは

キラキラしているものがキライ

というから

ペットボトルの2Lをずらり並べたり、

CDをぶら下げたり。

猫よけグッズもホームセンターで買ってきて

さあ、いつでも来い。

相手になってやろうぞ!

と思ったらデスね、

この対策、

まるっきり効果がなかった。。

うそっ。。
(夏バージョンで
ホラーっぽくしてみました)

近くの方が餌をやっていた

半ノラちゃんの猫がいたのですが、

(これはこれで困ります。猫のフンはとにかく臭うので)。

平気で門の下をくぐって

車の下で寝たり、

フェンスの上を

平均台よろしく歩いたり。

そう、

全くの無駄な努力。

これが「徒労」ってやつでしょうか。

とほほです。

なにも効果がなかった。

かあさん
すべてが失敗に終わりました

もちろん、

うちの飼いイヌとじゃれていた、

厚かましいあのノラネコも

当然、

猫よけなんて

気にしません。

あいかわらず、

ガレージに来ては

イヌのえさを食べ、

毛布の上でリラックス。

屋根があるのは
いいねえ

ホームセンターで、

あんなに散財してきたというのに。

人に聞いて、

さんざん調べて

工夫したというのに。

負けた〜負けた〜、世間に〜負けた〜♬

そういう歌の節回しが

頭の中をぐるぐるしてきました。

ああ、

野生の生き物はなんとたくましいことか。

人間の浅はかな知恵では

太刀打ちできないのか。

そんなことを

つらつら考えつつ

家に入ると

私は

見えた光景に

思わず 倒れそうに!

さっきまで

ガレージにいたあのノラネコが

いつのまにか、

まだ5歳児の双子の娘たちと

家の中で遊んでいるじゃありませんか!!!

いやああ〜〜。

やめなさい!

汚いんだよ!

そのこはノラネコなんだよ!

夜は、

お外のドブで寝てる子なんだよ!

※ 住んでいたところでは、道路の両はしに、雨水などが流れ込む側溝があり、ブロックでふたがしてありました。ところどころ、開いている部分があり、そこからネコたちが側溝内へ入り込むのです。

きょとんとする子供らにそう叫ぶと、

私はノラをひったくって

外へ放り出し。

ピシャン!

ガラス戸を閉めると

ノラネコは、

こっちをみて

いや、

うちの子たちを見て

ニャアニャア言っている。

子供たちも

私に向かって

どうして遊んじゃいけないのお、

とか

言い始めたのでした。

嗚呼!!

こんな悲劇あるのだろうか。

というか

テレビのサスペンスを

みているような気がしてきました。

悪い男が、

しれっと家に入り込んで

居ついてしまう、

そんな小説みたいなことが

このノラネコによって起き始めている。

へ〜イ
今日も来ちゃったよ
君に会いたくてさ

その光景を見ながら

たいへん

いや〜な予感を感じていました。

今日も読んでいただきありがとうございます。