タグ別アーカイブ: 映画

映画 『100歳の少年と12通の手紙』女子プロレスラーの贈り物

『100歳の少年と12通の手紙』。不思議な題名。ヨーロッパ映画らしいなあ。

フランスの2010年公開の映画です。クリスマスの頃の、フランスを舞台にした現代の映画。

※今だと、アマゾンプライムで無料で見られると思います。

主人公は、フランスの小児科病院に入院している、白血病の10歳のオスカー。

ここだけで、「あー、これって、典型的、お涙頂戴映画?」やめた方がいい?なんてひねた私は思ったけれど、見て良かったです。

周りの人々がかなりユニークで。お涙頂戴ではなく。

『生きている時にどう生に向かい合うか』というテーマを、ダイレクトにこちらへ投げかけてきます。優しく、つよくメッセージが伝わってくる映画。アラフィフ になったわたしは、柄にもなく、泣けました。アラフィフ だからこそ、泣けたのかな、年々涙腺はゆるくなっているみたい。

こちらの動画が、公式かどうかわからなかったので、予告編URLを貼ります。https://www.youtube.com/watch?v=rrfBmM9n1_0

ローズという、

いつもピンクのスーツを着ている元プロレスラーのピザ屋の彼女が素晴らしかった。

死を前にした人を前にどうやって、接するか、人間性が元から問われそうな役。

こういう役って、ボロが出そうでやりたくない人もいるんじゃないかな。人間性の浅さがでてしまうから、コワイ役だと思う。

オスカーは、ローズという最高のクリスマスプレゼントをもらったんじゃないかしら。

途中たびたびはいる、ヨーロッパの女子プロレス(本物ではもちろんなく、寓話)が、好きです。

説教くさい映画ではないと思います。こなれた映画だなあと思います。

機会があればぜひどうぞ。

映画  『仮面の男』 イケメンおじさま達と、若きディカプリオ!最強のいい男達

三銃士の映画です。もう、三銃士の話は本当に名作が多い。そして、ルイ王朝のストーリーも本当に名作が多い。

この方もイケメンですね!

その中でも、私が今日オススメするのは、この映画。

と言ったら、三銃士映画ファンに、「他の三銃士も面白いんじゃないの?と言われるかもしれない。

例えば、オーランド・ブルームや、ミラ・ジョボヴィッチのでていた 三銃士はどうなの?」それも面白いんです。

でも!この映画は、なんといっても、イケメンであり、名俳優たちがこれでもかと出てきます。ここがこの映画のポイント!

『その1 『若き日の、うるわしい レオナルド・ディカプリオが 見放題』

むちゃくちゃハンサム!若きディカプリオは、漫画から出てきたの?と思うくらいの美しさ。

(なのに、どうして年齢を重ねたらごつい兄さんになったのか、、いや、それもイイですが)。

その2 『渋くて、ディカプリオをしのぎそうなくらい魅力的な、中年壮年俳優が出まくり』

うーん、イカすわ

そうです、ダルタニャンには、ガブリエル=バーン、アラミスがジェレミー=アイアンズ(!)、ポルトスはジェラール=ドパルデュー、アトスがジョン=マルコヴィッチです。『ニキータ』で出ていた、アンヌ=パリローも出ています。

オジさま俳優
素敵すぎよね!
あたしだってわかるわ

書いていてもう、興奮してきました(フンゴー!猪なので許して)

脇を固める俳優達が、すてきです。

どちらかといえば、私はこの人たち目当てでこの映画を見ました。こんな豪華なメンバーなかなか一度に見ることはないので。

とくに、ダルタニャンのガブリエル=バーンは、なかなか商業映画でお目にかからない気がするので、嬉しいです。

こちらが映画の予告編です。

公式でないと思うので、URLを貼ります。

https://www.youtube.com/watch?v=CLwBmPZqiIY

スカッとする映画でもありますし、見応えある映画だと思っています。

機会があれば、一度ごらんください。

映画 『ムーラン・ルージュ!』    この映画は愛の物語  甘い切ないラブストーリー!

私の、特に好きな映画の1本が、『ムーラン・ルージュ!』バス=ラーマン監督の作品です。思い切りストレートな愛の映画。

とにかくロマンティックこの上ない映画ですユアン=マクレガーニコール=キッドマン主演で、結ばれない愛のストーリー。哀しいストーリーのはずですが、実際に見るとまるで違っています。なんといっても、映画の最初から最後まで、きらびやか。めくるめく映像美です。

バズ=ラーマン監督テイスト、絢爛豪華な映像です。そして、19世紀末の設定なのに、現代(主に1980年代のロック・ポップス)があふれるように流れます

主にミュージカル仕立てなので、主演やその他の俳優さんもとにかく歌いまくる。うまく、ヒット曲を繋げてひとつの愛のうたに変えたり。ユアンもニコールも、他の俳優さんも皆んな、歌う歌う!

https://www.youtube.com/watch?v=FOfv3qpa78g

上のURLは、オフィシャルがなかったので、URLだけを貼っておきます。ぜひごらんください。夢の世界へいざ!

友人に宝塚ファンの人がいますが、宝塚ファンの人もこの映画にハマるそうです。どうしてかな。華やか・美しい・悲恋・歌 と共通点があるからでしょうか。少しわかる気がします。後は、ちょっとベルばらに似た設定もあるからでしょうか。

私は、この『ムーランルージュ!』があまりに好きなので、映画のDVDも、サウンドトラックのCD 2種類とも買いました(^^)。

今でも車で聴いています。かなりの頻度で。どんだけ好きなんでしょうか。

これは、アメリカのコストコで買いました。
アメリカのDVDは日本の機械で見られないんです。
日本版買うしかない。
でも、実はほとんど覚えているので、その必要はないのかも(^^;)。。

2001年の映画だそうです。ユアンもニコールも若い。ニコール=キッドマンは、本当に素晴らしく美しいので、見ているだけでしあわせになるかもしれません。

ユアンファンの方はもちろん見てらっしゃると思うけど、彼歌が上手かったです!そうですよね?

映画 『ホーム アローン』 8歳少年 VS 泥棒コンビ 

クリスマスもの映画で、有名なものはたくさんあります。そして、「ホーム アローン」、これもかなり有名ですよね。

クリスマスにパリに行く家族に、うっかり置いてけぼりにされてしまうケビン少年。

そこをねらう泥棒2人組と8歳少年の知恵を絞った、どたばた爆笑コメディ!でも、愛もあります。だって、ママ、必死でケビンのところに帰ろうとします。

話のはじまりは、夜中の停電。

そのせいで、目覚まし時計の設定がおかしくなってしまい、家族は、パリ旅行にいく飛行機におくれそうに!すごくありがちです。ワタシなら絶対しそうです(自分と映画の設定を同じにしないように)。。

あんまり慌てていたのと、行くメンバーが大人数だったせい、あと末っ子のケビンが屋根裏部屋で寝ていたので皆の騒ぎがわからなかったせいで、

なんと、8歳の子供ケビンだけ、家に一人取り残されてしまう。

ここからは、結構皆さんごぞんじではないでしょうか?ネタバレしたらダメですね。

多くの人に知られているように、ホームアローンは、「家族で楽しめるコメディ映画」。うちも何度見たことか。昨日の「ラブ アクチュアリー」は大人向けだったけれど、こちらは家族みんなで、爆笑するコメディ映画なんです。超人気だったので、続編 続々編もでてますよね。

泥棒との対決は笑えることまちがいなし。それにしても、あの舞台になった家、立派だったわ〜。封切当時、若かった私は、アメリカの家ってみんなあんなに豪華なのかと思いました(^^)/。

映画 『ラブアクチュアリー』極上のクリスマス映画 

クリスマスに近いということで、この映画を思い出しました。『ラブ アクチュアリー』です。とにかく、出演している俳優さんが、ステキ。様々なそれぞれの人間模様を描きながら、最後に皆どこかで クリスマスに幸せになる。。

大人が観て、幸せな気持ちになる「クリスマス映画」。お子様むけではないんですね(アメリカだとR指定だったみたいでビックリ)。いい映画です。

日本語のキャプションが入っているのを見つけられなかった〜。
でも、有名な俳優さんオンパレードは一目瞭然!
ヒュー=グラントが踊るシーン、とてもわらえます。

この映画では、今は亡きアラン=リックマン、ヒュー=グラント、エマ=トンプソン、ビル=ナイ、コリン=ファース!、あー、リアム=ニーソンも出ているんだった。

心にぽっと火が灯る
少し切ないところも勿論あり

内容はネタバレなしがいいですよね。観たらきっと、ハッピーになれます。

クリスマスの映画の1本にかなりオススメです(^0^)。それでなくてもおすすめ。

特に、イギリス映画・イギリス俳優のファンの方ならもっとハッピーじゃないかしら。「ハリー=ポッター」シリーズ並みに、イギリス俳優オンパレードなので。ああ私もまた、観たくなってきました。

映画 『レディホーク』

先回の映画で、マシュー=ブロデリック主演の映画を書いたのですが、案外彼のでている映画を見ていたなと思い出しました。

その1つが、映画『レディ・ホーク』です。この映画はあまりヒットしなかったのかしら。なぜ自分がみたのか覚えがないのですが、もしかしたら昔の名画座2本立ての1つとして観たのかもしれません。

映画は、主演が ルトガー=ハウアー、ミシェル=ファイファー、そして脇役に若者の主役と旅をともにするマシュー=ブロデリック。

中世ヨーロッパを舞台にしたファンタジーで、悪い司教に呪いをかけられた恋人の2人の悲恋もの。「レディホーク」というだけあって、お姫様であるミシェル=ファイファーが夜が明けると同時に鷹になる魔法をかけられます(夜は人間なのです)。

恋人の方も違う魔法をかけられて。切ないファンタジーですが、監督が、なんといっても、リチャード=ドナー(リーサルウェポンや古いところだとグーニーズ!)。だからでしょうか、最後はハッピーエンドで終わります。やっぱり正義は勝たなきゃです。

出ている俳優さんは、もともと美形なところに加え、若いから、主演のふたりは本当に美しい(^0^)。特に、ミシェル=ファイファーのクールビューティなきれいさにはほれぼれします。彼女はいつもきれいな人だけれど、この映画は着飾っていないのに、そのまま美しいんです。

音楽は、アランパーソンズプロジェクトだと思っていたら、クレジットはアンドリュー=パウエルだけでした。どうしてなのかな。ロックなところがよくないという人もいるけれど、私はむしろ好きでした。

映画 機内で見る映画はたいへん!Mr.ビーン

機内でのエンタメは、以前よりずっと充実していて、ゲームも音楽も映画も楽しみ放題。時々壊れているシートにあたると、仕方なく、ipod を聴いたりするか、付け焼き刃の現地の会話練習をしています。付け焼き刃も侮れません。ギリギリだから、集中力があるし、現地で使うと思えばやる気もでます。特に食べ物系!

映画をよく機内で見るのですが、海外エアラインだと、日本語のキャプションが付いていないこともあります。仕方ないから見るのですが。キャプションがなくても、あまり込み入ったものでなければ、やはり面白いものは面白いし、悲しいものは悲しくなります。

例えば、Mr.ビーン。ある時、彼の「Mr.ビーン カンヌで大迷惑」というのを見たのですが、可笑しくて可笑しくて。必死に笑い声を堪えました。ちなみに 私は英語のリスニングが苦手です。だから難しい映画は理解できません。

いや、この映画本当に面白かったんですよ。ミスタービーンが、フランスにきたからには、と確かパリの北駅?でレストランに入り、フランス語がわからないから、とりあえずメニューの一つを注文するんです。それがビーンの苦手な生の貝産物の盛り合わせだったわけで。

どうしても生牡蠣がたべられなくて、食べたふりして隣のテーブルの女性のバッグに流し込んでしまうんです。確かウェイターは、亡きジャン=ロシュフォール。あと、お金を稼ぐために、市場で オペラのジャンニ=スキッキ「わたしのお父さん」で、嘆く母を大熱演したり。ここのシーンは爆笑。言葉がわからなくても(私は外国語は苦手なので)ビーンがおかし過ぎて、笑いを堪えるのが苦しかった!もちろん大盛り上がりでお金もしっかりゲット!

本当に可笑しいし、amazon でも高評価なのでこういった映画が好きな人がみたらきっと笑えるとおもいます(^^)。

行ってきました フレディ!

映画『ボヘミアンラプソディー』に行ってきました。夫と近くのショッピングモールの映画館です。泣いてもいいように、ミニタオルももって。

映画は本当に良かった。特に、最後のライブエイドのシーンは、涙なみだでした。私の隣の若い女性たちも泣いていたなあ。

それにしても、フレディは、ライブエイドの前にもうHIVの宣告を受けていたとは(;0;)。そう知ると、ライブエイドの彼のパフォーマンスが一層悲しく胸に迫って泣けました。あぁ、どんな気持ちでパフォーマンスしたんだろう。音楽作りやパフォーマンスは、彼の全てだった。いつかそれが出来なくなることを受け止めるのは、非情な事。フレディというキャラクターを垣間見てきたファンにも、それは容易に想像できる。いつ、最後まで走り抜くって決心したんだろうか、ライブエイドのステージ前のドアの彼は立派だったな。

なんだかとてもファンのようだけど、私は昔からの筋金いりクイーンファンではなかったんです。多分アラフィフの私より、もう少し年上の方がドンピシャ世代なのではないでしょうか。いや、私が小学校くらいから洋楽に目覚めていたら全盛期のクイーンを知ることができたはず。でも、私が夢中だったのは、ピンクレディや秀樹がでている『ザ ベストテン』。

私がクイーンを知ったのは、もう、彼らがあまり新しいアルバムを出さなくなり、ツアーもしなくなりつつある頃でした。ある時、友達に「ボヘミアンラプソディー」を聴かせてもらった時の驚きを思い出します。そうだわ、うん十年前のクリスマスの頃、クラスの女子でクリスマス会をした時に聴かせてもらったんだった。

私がクイーンを再認識したのは、1990年代にウエンブリーアリーナで行われた、「クイーントリビュートコンサート」の音源を聞いてから。

正直、当時は、双子の育児の真っ最中、いつでも疲れていてどこかで息抜きしたかった。だから、友達が貸してくれたこのCDはありがたかった。音楽に飢えていたけれど、当時流行りの曲はさっぱり知らなくて。私は、育児中、双子たちが就学するまで、すぽんと簡単にサブカルチャーから落ちてしまったんです。見てるテレビは、毎日幼児番組ばかりだし。

そんなこんなで、カーステレオで、ジョージマイケルの「somebody to love」のカバーや、エクストリームの「クイーンメドレー」を聞いたら、大はまり。そのため当時家の中では大人の音楽といえば、クイーンばかりでした(あと、ディープパープルとAC/DCも^^)。

そのせいか、夫はもともと違うジャンルの音楽が好きだった(クラシックと  E,W&Fファン)のに、クイーンばかり聞かされ続けていつしか詳しくなり。

うちの子供達は、幼少期からクイーンをなんとなく聞かされ続け。子供の一人は生後6ヶ月で「キラークイーン」「地獄へ道連れ」でヘッドバンギング(はいはいのまま)しかけたので、慌てて曲を止め、しばらく聴かせなかったのですが。今成人した娘たちは結果としてクイーンの曲は割と知っているようです。お母さん、ちょいと嬉しいかも(^^)! いいバンドは、時を超えても良いよね!