タグ別アーカイブ: 音楽

MIKA フレディの後継者、傷ついてでも前を向き続けるアーティスト

こんにちは、今日ものんきなアラフィフ 主婦イノシシです。 

昨日は、2019年のアカデミー賞ノミネートがありましたね。 映画大好きな私としては、この時期はとてもウキウキする時期です。私の母が映画狂で、子供を中学の校門前で待っていて映画館に連れていった親でした。一緒にいった映画は数知れず。。その影響をモロに受けて今日にいたっており、今でも映画は大好き。

今年もハリウッドのあの会場でしょうか。
あの会場は、画面で見るよりずっと小さい劇場なんですヨ
この写真は、フランスの劇場のものです。

さて、嬉しいことに、『ボヘミアンラプソディ』も『アリースター誕生』もノミネート入りをしましたし、主演の人たちもノミネート入りし嬉しいところです。

ということで、お祝いにクィーンをといっても、今までなにかと取り上げてきました。

なので、クィーンにちょっとテイストの似ているアーティストを取り上げたいと思います。

アダムのつもり

クィーンと言うか、フレディにちょっとテイストの似ているアーティストというのは、案外たくさんいます。

実際、ブライアン=メイたちと仕事をしている アダム=ランバートもフレディのテイストを持っている人です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回取り上げるのは、   MIKA  (ミーカ)です。

ミーカは知っている人はよく知っている、有名なアーティストですが、

今一度ここでご紹介。

MIKA (ミーカ)は1983年レバノン生まれ。アメリカ人の父とレバノン人の母をもち、5人兄弟です。彼が子供の頃にレバノンが内戦になったため、パリに移住。

しかし、そこにもいられず、イギリスに渡っています。

そういった経歴なので、彼は英語・フランス語は話せます。

が、移住に伴う転校先でのいじめで苦労をさせられることになります。

彼の歌が決して明るいばかりのポップチューンでないのは、生育過程が関係しているのかもしれません。

彼のデビューは2006年。1stアルバムは、2007年の 「ライフ イン カトゥーン モーション」で、これが高評価・好セールスとなりました。

かれの特徴は、伸びのある声、裏声も使ったひろい声域のレンジ(3オクターブ半〜本人曰く)。

ポップチューンだけれど、歌詞は内容が濃いものとなっています。

さて、最初の大ヒットとなった「グレース ケリー」をどうぞ。

「グレースケリー」という題のとおり、歌では、

僕はグレースケリーになろうとしたんだ。

でも彼女は悲しそうだから、フレディになろうとしたよ。でも、本人みたいに狂っちゃった。

歌の内容は、「どうして、僕を好きになってくれない?僕はどんな風にも変わるよ」という感じ。もっと深い事をいろいろ言っています

大型新人あらわる!

当時のイギリスでは、クィーンぽい、フレディぽい新人が出た!と かなり話題だったようです。

しかし、曲をよく聞くと、クィーンというよりは、ポップで、エルトン=ジョンよりかなと思います。

ちなみに彼は、身長が190センチくらい、カーリーヘアのお兄ちゃん。モテそう。

彼は自称バイセクシュアルです。

わーお、人類全てがかれの恋愛対象じゃん、選びたい放題と思ってしまう私は、かなり短絡的でしょうね。

さて、ちょっと前のまたヒット曲です。

次、「ウィー アー ゴールデン」 どうぞ!

歌詞の内容はなにかというと

「僕は他の人間が思ってるような人間じゃない。僕は素晴らしいのさ。他の人間がいうことなんて気にしちゃダメだ。他の人間からしたらバカみたいに見えるだろうさ。でも、僕は素晴らしいんだ」

という感じでしょうか。

彼の経歴が、歌に与える影響は多いはず。

 移住による何度かの転校(しかも国をまたがって)。

また、彼の持つ難読症、 そしてそれが元でイギリスに渡った時の学校で退学を余儀なくされるなど、彼の人生は若くして苦労がたえない。 

そして、これはやはり苦労だと思うけれど、

彼はバイセクシュアルで、彼のセクシュアリティは周りから浮いてたでしょう。

だから、そこも苦難のもとだったろうと想像できます。 

だから、彼の歌詞は決してわかりやすくなく、そしてやたら明るいものではないです(曲は明るいけど)。

さて、さいごは、 この曲 「ラスト パーティー」

この曲は、フレディ=マーキュリーについて歌われた歌。

HIV発覚あとのフレディについての歌ですが、フレディ自身この時 パーティを開いたそうです。

MIKAの曲は いくらでも紹介したいのですが、ここまでにします。もし、ご興味があれば、ぜひ違う曲も聞いて見てください。ぜひぜひ!!

PINK! エネルギ〜チャージ!!『Get the Party Started』

この曲は、カテゴリーにある80年代洋楽ではない曲です。今日はこれを聞いてエネルギーチャージしなきゃいけない日なんです。がんばらなくちゃ、フー。

この曲は、皆さんご存知のように、ピンク!の大ヒット曲です。私にとっては、アメリカにいた時に、カーラジオをつけると一時期いつも流れていた曲で、ゴキゲンになる曲。元気が出る曲。それは子供も同じで、子供にもとても人気がありました。ちゃんと、子供たちが聴いていいように、この曲の言葉を子供が聴いて問題ないように、入れ替えていました。『ラジオ・ディズニー』など子供向けラジオ局でバンバンかかっていたようです。

ピンク!はウィキペディアによると、ペンシルベニア州出身。退役軍人のお父さんをもち、音楽好きなお父さんの影響で古いロックに親しんでいたようです。

彼女のパワーチャージ曲をぜひお聴きください。

ピンク!
あなたの曲でいつも元気になったよ!
ありがと!

彼女が7歳の時両親は離婚、お母さんは音楽好きを理解してくれなかったそうですが、彼女が高校中退の時家を追い出したそうです。

強いオンナはカッコいいのよ!

うーん、音楽好きを理解しないだけで関係が悪くなるのかな。

ちなみに知り合いの子供さん(アメリカ人)は、高校中退をした時、家を飛びだしたそうです。

追い出すか飛び出すか違いはあるにせよ、高校中退をすると家にいづらいものがあるのでしょう。

以前、家を飛び出したその子のお母さんと高校中退について話したことがあります。少し慰めのようなかんじで、私は話したのですが。

私「アメリカはやり直しの機会があるからいい。日本はなかなか高校中退をすると、その後が厳しい。まだ将来はあるわ。若いんだもの」

しかし、彼女は真剣な顔で

「高校中退が社会的に厳しいのはアメリカも同じ。せめて、高校を卒業の資格をとらなくては世間で本人がつらい」と言って嘆いていました。ああ、人生は思うようにならず、辛いなあ。

さてピンク!にもどります。彼女は、こんなつよーい女性だから、夫なんていらないかと思ったら、結婚していらっしゃいました。

モトクロスレーサーの、ケアリー=ハート。

お子さんもいて、お子さんについてぐっとくるスピーチをした『ピンク!母さん』です。パワフル母さん。感動するスピーチなので、機会があればぜひ。こそだてする親だけでなく、単に1人のおとなとしてぐっときます。ピンク!あーた、めちゃくちゃな人の部分もあるけど、すっごく素敵なところもあるわ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

次に彼女の夫も出演する「ソー ホワット」のPVです。なかなか会えなくてなんども別れの危機がありつらい思いをしたピンク!の葛藤するきもちが表れています。

歌詞の出だしはこんな風。

「夫が消えたわ。どこにいるかもわかんないわ。私達はもう終わったの、あんたって本当にバカな男よ。」

ちなみに、この時、まだかれらは結婚していなかったそう(驚き)。でも、ピンク!はPVで彼を夫として呼んでいます。

姉さん、筋肉がすごいです。
アリシア・ケアリーの印を刻んだ木をチェンソーで倒しちゃう
泣けるわ!
でも、ケアリーでてきて、案外仲よさそうよ!

「ソーホワット」意味はいくつかあると思いますが、ありがちな使い方は、「そんなの知らないよ」とか「だから、何?」という意味です。そう、人生たまには「so what?」言いたい時もあります。いや、ちょくちょく!

仲良くしようよ

そういえば、自分の子供がアメリカにいた小学低学年の時、「同級生とのけんかにこの言葉を使う」、といっしょにいた日本の女の子と言っていて、親の私はたいへん驚いたことがあります。

「うちの子どうなってるの〜?」て心配になったりして。実際、女の子たちの中には、なかなかいざこざもあるから、時にこんな言葉も出るんでしょうが。

よく、いばっている bossyな女の子がいて、その子に「みんなで腕組みして”So?”(で、なに?)って対抗するの」、と娘たちが口々に言っていたのを思い出します。やれやれ。まったく女の子たちは ほっとけない。

まあ、思い起こせば、私もこどものころ、同性で口喧嘩していたっけ。どこでも同じですね。

ねえ仲良くしなよ

うちの子供達はアメリカで、思いのほかけんか言葉を覚えてきて、呆れた思い出もあります。女の子なのに。

日本へ帰り、娘たちは、「日本語には、口けんかに使う語彙が少ない」なんて言っていて、「これが、女の子の言うことかいな」とおもいました。

ただ、超悪い言葉は、絶対に使わないそうです。ヤレヤレ、それはそうでしょ。てか、あたりまえよ!!

最近さむいですね。みなさま、お互いに体調に気をつけたいですね。今日も読んでいただきありがとうございます。

自分を認めて前向きに〜〜シャキーラ 「Try everything」アニメ『ズートピア』 

80年代洋楽ではないけれど、私の好きな曲です。2017年公開のアニメで『ズートピア』が流行ったのを覚えていますか?あのエンディングの曲が、歌手シャキーラが歌う「トライ エブリシング」です。

ズートピアとは、架空の都市ー肉食動物と草食動物が共存して暮らす大きな未来都市。そこに、田舎バニーバロウから警官になるのを夢見て、上京してくるアナウサギのジュディがくるところから映画は始まります。

ジュディはウサギ、小さいけれど、頑張り屋。地元の警察学校を一番で卒業しますが、大都会のズートピア警察の警官としては、小さすぎて全然相手にされません。

与えられた仕事は彼女にとってやりがいのないものばかり。最初の仕事は駐車違反。でもジュディはへこみながら、頑張り、そして最高の相棒キツネのニックとであい、活躍し始めます。

『最後、エンディングに、ガゼルのシンガーがムキムキ虎のダンサーを従え歌うのが、この曲。シャキーラの「トライ エブリシング」です』。

ジュディ
そんなに落ち込まないで

歌詞の内容は、

ジュディ:

「ああ、今夜も最悪の気分よ。また今日もうまく行かなかったわ。ここまでずっとうまく行かなかったの。

私はもう完璧におちこんで泣きそう。なんとかしようって、ずっと頑張ってるのにうまく行かないなんて。

でも、、、、

ここで諦めるのはいや。だって、私、ここに夢をかなえに来たの。

やっぱり、もう一度立ち上がってトライしてみたい。

もし、私が今度トライしたら、未来に何が起きるかを見てみたいの!!」

というところから始まります(あくまで意訳です。結構意訳しています)

シャキーラ 「トライエブリシング」

ガゼルも、虎のダンサーも
ジュディもニックもみんな可愛い(オフィシャル動画)

この曲の歌詞のつづきは、

「あなたはずっと頑張ってきたの。とてもがんばってきた。あなたの人生は愛にあふれてるのよ。

だから、まず深呼吸して一息つこう。自分を責めたりしてはだめなの。

むやみに、速く全力疾走する必要なんてない。失敗したって、それだって進んでいるの。

時には、人はトライして失敗するわ。でもそれがなんだっていうの。あなたがベストを尽くしたことには変わりない。いつかこの経験がなにかにつながるの」(意訳です)  このあたりは、シャキーラのメッセージかな。

頑張ってみるとわかるけれど、すべて頑張りが報われるわけではないんですよね。

人って、頑張った分が多ければ多いほど、報われない時は落ち込みます。あんなに頑張ったのにどうしてと泣きたくなったりして。

でも、頑張ったことは、その人の人生や知識から消えたりしないです。正論すぎて、耳タコの人もいますよね。でも、本当です。

必ず、突破する入り口があるよ!

うまく行かなかったりすると、すべての努力が無駄だったと考えてしまう。

でも、いちど身につけたものって(知識も経験〜頑張った経験も失敗した経験も)、あとで必ずその人の助けになってくれます。

頑張りは、長いスパンで報われたりします。正直「え?!こんなところで、あの勉強が役立ったなんて思わなかった」と、意外なところで生きてきます。皆さんもそんな経験お持ちでしょうか?

最後に、同じシャキーラで、アップテンポな曲を。これは、南アフリカサッカー大会の公式ソングです。

懐かしいですね!
あれから、リオ・ロシア大会がありました
この大会も日本代表がんばりましたよ!

(オフィシャル動画)

今がんばっている受験生や、大人がかならずむくわれますように。

あけましておめでとうございます 『Happy』&『don’t stop believin’』

2019年 明けましておめでとうございます

新しい年がはじまりました。今年もよろしくお願いいたします

毎年、一年あっというまに過ぎるような気がしていますが、今年は、もっと落ち着いて行動・生活したいと思っています。どうぞ、イノシシ主婦もよろしくお願いします。

今年もよろしくお願い申し上げます

明けましておめでとうございますという事で、ファレル=ウィリアムスの『Happy』かなと思い、こちらにあげる事にしました。言わずもがなの大ヒット曲。

この曲をバックに、各地でさまざまなダンスをする動画がたくさんアップされていてみんなダンスしてて。アラフィフも踊りたくなったよ。

何があっても否応無しに、私を楽しくさせてくれる曲。最強の曲の1曲。落ち込んでいても、とりあえず引っ張りあげてくれる大切な曲です。

ファレル=ウィリアムス 『Happy』


オフィシャル動画です



今年はどんな年になるでしょうか。平和で個人的には心配な事が減る一年になってほしいと祈っています。

正直、親の事も気になるし、家族の事も心配になったり。あぁ、自分もね。

が、必要以上(ここが私の重要ポイント)に苦にしない事、これが私の今年の目標です。

イエーイ、気分もアップだぜ?

気分を前向きにしたい時に聞く80年代洋楽の曲。

『ジャーニー』の「ドントストップ ビリーヴィン」超ベタな曲かな。

若者が、もがきながら前に進む曲なんですけど、都合よく、アラフィフも前向きにさせてくれるイイ曲です。

”Don’t stop belivin’~,Hold on to that feelin’~♫”

「信じる事を止めないで。その気持ちを持ち続けるんだ〜。」

オゥイエイ、疑ぐり深くなっちゃったアラフィフには難しいけど、

頑張るワ、スティーブ(ジャーニーのボーカル)!

URL貼ります オフィシャル動画を見つけられなかったので。。

https://www.youtube.com/watch?v=VcjzHMhBtf0

今年は運動するワ ガンバリマス。。

この曲で気持ちぐぐっとアップ 。さて、今年も前を向かなきゃね(^^)。

今年一年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

『クリスマスソング〜Bryan Adams』 「ラン ルドルフ ラン」

1987年に発売された チャリティーアルバムに入っている1曲です。ノリノリになるこの曲、ブライアン=アダムスが ノリノリに、かっ飛ばしてます(^0^)。その頃は、本当にミュージシャンによるチャリティが盛んだったと思いますが、そのなかに、『Very Special Christmas』というアルバムがあります。

アルバムジャケットは、赤に金のラインで、子を抱く人の絵が描かれているのですが、見ればすぐにそれが、キース=へリングの作品だとわかります。

その中の1曲、「ラン ルドルフ ラン」。カナダのロックシンガー、ブライアン=アダムスが歌っています。ルドルフは、サンタさんのソリを引っ張るトナカイの1頭。真っ赤なお鼻のトナカイが、ルドルフ。歌詞は、「さあ、ルドルフ 飛ばしてくれ。子供達がサンタが来るのを待っているんだ」というもの。

そう、今、頑張ってサンタは、みんなのプレゼントを用意しているところ。クリスマスイブの夜、用意したたくさんのプレゼントを積んで、ルドルフたちが、ビュンビュン空を飛び回る。大人も、少し楽しくなりますよね。このアルバムとても良いので、ぜひ他のアーティストのクリスマスソングも聴いてみてね。

行ってきました フレディ!

映画『ボヘミアンラプソディー』に行ってきました。夫と近くのショッピングモールの映画館です。泣いてもいいように、ミニタオルももって。

映画は本当に良かった。特に、最後のライブエイドのシーンは、涙なみだでした。私の隣の若い女性たちも泣いていたなあ。

それにしても、フレディは、ライブエイドの前にもうHIVの宣告を受けていたとは(;0;)。そう知ると、ライブエイドの彼のパフォーマンスが一層悲しく胸に迫って泣けました。あぁ、どんな気持ちでパフォーマンスしたんだろう。音楽作りやパフォーマンスは、彼の全てだった。いつかそれが出来なくなることを受け止めるのは、非情な事。フレディというキャラクターを垣間見てきたファンにも、それは容易に想像できる。いつ、最後まで走り抜くって決心したんだろうか、ライブエイドのステージ前のドアの彼は立派だったな。

なんだかとてもファンのようだけど、私は昔からの筋金いりクイーンファンではなかったんです。多分アラフィフの私より、もう少し年上の方がドンピシャ世代なのではないでしょうか。いや、私が小学校くらいから洋楽に目覚めていたら全盛期のクイーンを知ることができたはず。でも、私が夢中だったのは、ピンクレディや秀樹がでている『ザ ベストテン』。

私がクイーンを知ったのは、もう、彼らがあまり新しいアルバムを出さなくなり、ツアーもしなくなりつつある頃でした。ある時、友達に「ボヘミアンラプソディー」を聴かせてもらった時の驚きを思い出します。そうだわ、うん十年前のクリスマスの頃、クラスの女子でクリスマス会をした時に聴かせてもらったんだった。

私がクイーンを再認識したのは、1990年代にウエンブリーアリーナで行われた、「クイーントリビュートコンサート」の音源を聞いてから。

正直、当時は、双子の育児の真っ最中、いつでも疲れていてどこかで息抜きしたかった。だから、友達が貸してくれたこのCDはありがたかった。音楽に飢えていたけれど、当時流行りの曲はさっぱり知らなくて。私は、育児中、双子たちが就学するまで、すぽんと簡単にサブカルチャーから落ちてしまったんです。見てるテレビは、毎日幼児番組ばかりだし。

そんなこんなで、カーステレオで、ジョージマイケルの「somebody to love」のカバーや、エクストリームの「クイーンメドレー」を聞いたら、大はまり。そのため当時家の中では大人の音楽といえば、クイーンばかりでした(あと、ディープパープルとAC/DCも^^)。

そのせいか、夫はもともと違うジャンルの音楽が好きだった(クラシックと  E,W&Fファン)のに、クイーンばかり聞かされ続けていつしか詳しくなり。

うちの子供達は、幼少期からクイーンをなんとなく聞かされ続け。子供の一人は生後6ヶ月で「キラークイーン」「地獄へ道連れ」でヘッドバンギング(はいはいのまま)しかけたので、慌てて曲を止め、しばらく聴かせなかったのですが。今成人した娘たちは結果としてクイーンの曲は割と知っているようです。お母さん、ちょいと嬉しいかも(^^)! いいバンドは、時を超えても良いよね!