旅行・エンタメ・帰国家族・ミーハーアラフィフ

台湾茶館で奥深さをしる〜金華街 「青田茶館」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

ああ、もっとここにいたい!なんて永康街って楽しいの!永康街で、ウキウキしていたけれど雨が降りそうな空になってました

しぶしぶ永康街とさようなら〜

(ああ、今度台北にきたら、最初に永康街へ来るわね!)

後ろ髪を引かれる思いで

金華街にある台湾茶カフェへ

青田茶館

昭和街という

かつて日本人がたくさん住んでいた地区にあるカフェ。

今では、この地区は高級住宅地、と後で聞きましたが

確かにこの辺り立派な家やマンションが多かったかも。

なるほど納得です。

デザイナーズマンションや立派な家ありました。

カフェ

かつて、

その街で日本人建築家が設計し、暮らしたある建物は

今、青田茶館という

台湾茶カフェとしてステキに復活したそう。

それまでは、ちょっと荒れ果てていたんですって。

ステキに変えてくださってありがとう。

それがこの青田茶館

台湾茶一式
こちらで
台湾茶一式
烏龍茶をいただいた

台湾茶の入れ方

1湯をかけて茶碗をあたためる 2淹れる前の、乾燥したお茶の香りをかぐ 3急須にお茶とお湯をそそぐ 4 一分待ったら、大きめの陶器の器に茶をそそぐ 5 器からそれぞれの茶碗にお茶をそそぐ 6香りをかぎ、それからお茶を楽しむ

教わりながら作法をしたんですけど、日本と通じるところもあり、楽しかった。

異国の作法って興味深い。。

建物の中を拝見すると、

台北在住の日本人会が、つい数年前まで

ここでずっと開かれていた写真が。

しみじみしますね(;;)

異国に住んでいた人たちの様々な歴史が

静かにそこにありました。

写真をみて勝手にグッとくるものがありました。

taiwan tea
台湾茶

さて、周りの人や、皆が静かにお茶を楽しむ中、

とつぜんのスコールが!

台湾のスコール、なかなか派手です。

ザ〜!と降る雨のパワーが、なんか違う気がするんですね。

でも、お茶を楽しんでいる茶館の空間だけは

皆さん、まったり静か。。

まるで何事もないかのように、

にこやかにおしゃべりしている。

とても心穏やかなステキなところでした。

※ 次回も行ってみたいところでした。

青田茶館のフェイスブック 

※上の文字をクリックすると

青田茶館のfacebookにとびます

ゆっくり楽しんでいるうちに、嵐も過ぎ去り

そちらを失礼。

さて、ホテルに帰ると

とうとう、雨は本格的にどしゃ降りに。

ドッシャ〜、ザァァ〜!

storm
さあ、
気合いいれて
降るよ!

夜は、コンビニで買ったもの(^^)

台北のコンビニは

八角のにおいがしてエキゾチック!

クンクン匂いをかいでしまう。

※ そうだ、緑茶のペットボトルを買う時、お砂糖が入っていないか用心しましたよ。アメリカに滞在していた時、中国系マーケットの緑茶のペットボトルはほんのり甘かった。慣れちゃうとなんて言うこともないんですが。

激しい雨が降る中

ホテルでゴロゴロしながら、

テレビみながら台北最後の夜がすぎました。

今日も読んでいただきありがとうございます

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妄想じたばた日記 , 2019 All Rights Reserved.