旅行・エンタメ・帰国家族・ミーハーアラフィフ

台湾スィーツ 豆花のほわほわした優しいおいしさ

2019/06/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

台湾スイーツってたくさんあるんですね。それも割とヘルシー。ほら、台湾スイーツに詳しい人ならよく知っているあの、豆花を食べてきました

台北2日目、夜はこれまた有名どころの夜市へ。

寧夏路夜市

ここは、他の並み居る夜市と比べると少し小ぶりだそうですが、宿泊先から遠くなかったので、こちらへgo。

夜市
寧夏路夜市

しかしですね、

小ぶりって言ってもやっぱりどどーんと

店がひしめきあっていて、

お店もお客もボルテージが高い!

夜市デビューの我々は、

あっ、これいいかも?

と思っても、後ろからの圧に負けて肉の串を2串買っただけで終わってしまった。

情けないわ。。

2回トライしたんですけどね。

屋台
屋台

ほら!

あの有名な臭豆腐もあったのに、

だれが責任もって食べるかで迷って

ほら、臭いがハンパないと聞いたので

買えませんでした。

仕方ないので夜市に沿っている店にはいって牛肉麺を食べたり、ぶらぶらしたり。

そうしたら

台湾スイーツのお店で、豆花が!

台北
甘いもの 
メニュー
写真があるし
日本語のせつめいもあるしで
なんだかわかる気がする

こちらの店の名前は 

甘記焼仙草

よーし、傳統豆花を注文だ。

わけがわからないけれど、みんなが食べているからきっとおいしいわ。

ででーん

傳統豆花
また食べたあとの写真
傳統豆花
本来の
傳統豆花

とても有名なので今更ですが、

味を説明すると

優しい甘さのシロップがベースで、

その中に絹ごし豆腐より柔らかな豆腐があります。そして、この傳統豆花では、ピーナッツ(煮てある)、そして、もちもちなタロイモ団子が入っています。

あとで、豆花はもう1度か2度食べましたが

基本的に優しい甘さのシロップと超やわらか豆腐がベースなんですね。

このベースに、

なにかをトッピングして

様々なメニューが生まれていました。

私は、もちもち系が好きなので、タロイモ団子(見た目こんにゃくの小玉に激似)が好き。きっと日本の人でもちもち系が好きな人は、わりと気にいるんじゃないでしょうか。

ここのお店のもうすこし離れたところに、

豆花専門店の有名どころが2店あったので記しておきます

豆花荘

もひとつ!

古早味豆花

やさしめな味の豆花

中国圏では、よく見られる甘味。

いくらでも食べられそうな、

胃に優しそうなスイーツ(^^)。

日本でも最近豆花が食べられるお店あるんですよね?

すごいなあ

東京豆花工房

東京は遠いから、

うちで作れないか画策中。。

むりかな。

今日も読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
旅好きで、あちこち行ってみたくなる落ち着かないアラフィフです。 旅行から帰ってきた時、時を経ても思い出すのは、楽しかったことより、 なぜだか失敗や思わぬことであたふたした時の事だったりします。 「あの時はああだったねえ」なんて思い出したり。 そんな たぶん他の方には大した事ではない 「あたふた じだばた話」を少しづつ書きます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 妄想じたばた日記 , 2019 All Rights Reserved.